企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2018年6月8日

中空ロータリーアクチュエータ DGⅡシリーズに
小型の新タイプを追加

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、ステッピングモーターを使ったハイブリッド制御システム αSTEPと中空ロータリーテーブルを組み合わせた一体型製品 DGⅡシリーズに、DC電源入力タイプ 取付角寸法60㎜をラインアップします。

DGⅡシリーズ
左:ドライバ  右:DGⅡシリーズ
※ドライバは別売りです

背景

バッテリレスアブソリュートセンサ搭載 AZシリーズと組み合わせたDGⅡシリーズは、2014年8月の発売以来、設計時間の短縮、生産性の向上に貢献しています。さらに、装置の小型化・省スペース化とともに高まるモーターへの小型化のニーズにお応えするため、高機能で小型の中空ロータリーアクチュエータ DGⅡシリーズを発売します。

特徴

(1)取付角寸法60㎜の小型アクチュエータ
取付角寸法はシリーズ最小の60㎜で、小型化が求められる用途に適しています。
(2)多様な運転機能
AZシリーズの機械式多回転アブソリュートセンサにより、原点センサが不要で、高速原点復帰が行えます。また、設定した位置に向かって最短距離で移動する近回り運転や、1回転後の現在位置を自動でリセットするラウンド機能など、便利で使いやすい運転機能を備えています。
(3)選べるドライバ
上位システムに合わせて、位置決め機能内蔵タイプ、パルス列入力タイプ、RS-485通信付きパルス列入力タイプ、ネットワーク対応多軸ドライバの4種類から選べます。モーター、各種アクチュエータと制御性統⼀が可能です。

中空ロータリーアクチュエータの特徴

(1)高出力・高剛性
中空出力テーブルにクロスローラベアリングを採用し、高出力・高剛性を実現しました。
DGⅡシリーズ
※取付角寸法60mmは深溝玉軸受を採用しています。

(2)設計の手間削減
出力テーブルには、装置のテーブルやアームを直接取り付けることができます。ベルト、プーリなどの機構部品を使用した場合にくらべ、機構設計、部品手配、ベルトテンション調整などの手間やコストを削減できます。
(3)大口径中空出力テーブルで省配線・配管
大口径の中空穴(貫通)は、引き回しが複雑な配線・配管に利用することができ、装置設計の簡略化が図れます。

【用途例】
・高剛性を必要とする用途:天井取付など、負荷モーメントのかかる用途
DGⅡシリーズ
・高性能モーターを必要とする用途:画像検査装置など、高精度位置決めが必要な用途や、ディスク製造装置など、負荷慣性が変化する用途
DGⅡシリーズ
DGⅡシリーズ

アブソリュートセンサ搭載 AZシリーズの特徴

(1)機械式センサ
ABZOセンサは、複数の歯車で構成される機械式センサです。個々の歯車の角度を認識することで位置情報を検出するため、バッテリが不要です。
(2)多回転アブソリュート
基準となる原点から、モーター軸で±450回転(900回転分)の絶対位置が検出可能です。
(3)簡単な原点設定
位置決めの基準となる原点は、ドライバ正面のスイッチで簡単に設定でき、ABZOセンサで原点位置を保存します。データ設定ソフトや外部入力信号からの原点設定も可能です。

αSTEPの特徴

高信頼性、省エネルギー
αSTEPは、通常はパルス指令に同期してオープンループ制御で運転し、小型で高トルクを発生するため、加速性・応答性に優れています。過負荷時は、即座にクローズドループ制御による制御に切り替わり、位置の補正を行います。また、高効率によるモーターの発熱低減で、省エネルギーも実現します。

種類と価格(税抜)

中空ロータリーアクチュエータ DGⅡシリーズ
AZシリーズ搭載 DC電源入力タイプ 取付角寸法60mm

モーター部形状 取付角寸法 定価
片軸シャフト 60mm 86,500円

拡販を狙う市場

各種製造装置・検査装置など産業用に幅広く拡販します

販売目標

3年後 DGⅡシリーズ全体で 2000台/月

発売日

2018月6月1日

ページの先頭へ戻る