>

企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2021年5月18日

2相ステッピングモーター PKPシリーズ CSギヤードタイプに
取付角寸法28㎜、60㎜を追加ラインアップ

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は2相ステッピングモーター PKPシリーズCSギヤードタイプに取付角寸法28㎜、60㎜を追加しました。トルクアップによるモーターの小型化・軽量化と、シャフト耐荷重アップによる組立時の手間の軽減に貢献します。

PKPシリーズCSタギヤードタイプ
新しくラインアップした取付角寸法28㎜(左)と取付角寸法60㎜(右)

概要

2相ステッピングモーター PKPシリーズは、高効率設計により高トルク、低振動を実現し、医療機器、計測機器、半導体関連装置など、位置決めが必要な精密機器への組み込み用に数多く使用されているステッピングモーターです。設計仕様に最適なモーターを選んでいただけるよう、高分解能タイプや薄型タイプなどをラインアップしています。
CSギヤードタイプは、センターシャフト形状により設計の自由度を向上させる商品です。許容トルクと許容ラジアル荷重が大きく、モーターの取付角寸法を変えずにトルクアップができます。このCSギヤードタイプのラインアップをさらに拡充するため、取付角寸法28㎜と60㎜を追加しました。

特徴

1. シャフト耐荷重アップで組立時の手間を軽減
許容ラジアル荷重、許容アキシアル荷重がアップしたことで、組立時の手間を軽減できます。
シャフト耐荷重


【用途例】ベルト・プーリー機構
ベルト・プーリー機構

2. トルクアップでモーターの小型化・軽量化に貢献
高トルクを生かして、モーター長の短縮や一回り小さい取付角寸法を検討いただけます。
・外形比較(単位:㎜)
小型・軽量化重


・トルク特性比較
高トルク

3. センターシャフトにより設計の手間を軽減
ギヤの構造を見直すことでセンターシャフトを実現しました。取付板の設計の手間が軽減し、ケーブルの引き出し方向の自由度もアップしています。
・取付板設計の手間を軽減
取付版設計の手間を軽減


・ケーブルの引き出し方向の自由度がアップ
取付版設計の手間を軽減

価格(税抜)

定価 13,000円~

拡販を狙う市場

医療、光学機器、分析器などの精密位置決めの用途に幅広く拡販します。

販売目標

1,000台/月

発売日

2021月5月17日

ページの先頭へ戻る