ロボットコントローラ
MRC01

3ステップで、誰でもロボットマスター。

「初期設定」「動作プログラミング」「動作確認」の3ステップで、自作ロボットをかんたんに導入・制御できるロボットコントローラです。AZシリーズ/AZシリーズ搭載 電動アクチュエータと接続することができます。

MRC01サイズ大

既存のシステムに、自作ロボットをかんたん導入

MRC01と上位システムとの連携は、EtherNet/IP™でダイレクト制御。既存の設備の制御システムを大きく変更せずに、自作ロボットをかんたんに追加導入できます。

*
EtherNet/IP™はODVAの商標です。

MRC01位置づけイメージ

初めてでも、かんたんセットアップ

自作ロボットの初期設定から動作プログラムまで、かんたんに設定できる「プログラミングソフト MRC Studio」 をご用意しています。

プログラミングソフト MRC Studio、EDSファイルはこちらよりダウンロードできます。

Step1. ガイダンスに従って、迷わず初期設定。

ロボットタイプの選択や機構情報の入力など、一連の初期設定をウィザード形式でおこなえます。 イラストを見ながらガイダンスの指示に従って設定することで、初めてでも短時間でロボットの初期設定ができます。

MRC Studio使い方a

垂直多関節
水平多関節(スカラ)

3リンク ベース軸旋回

3リンク ベース軸旋回

3リンク ベース軸直動

3リンク ベース軸直動

2リンク 先端軸昇降

2リンク 先端軸昇降

2リンク ベース軸昇降

2リンク ベース軸昇降

直交

2軸 X-Y

2軸 X-Y

2軸 X-Z

2軸 X-Z

2軸 Y-Z

2軸 Y-Z

3軸 X-Y-Z

3軸 X-Y-Z

エンドエフェクタ

直動/グリッパ

直動/グリッパ

回転

回転

Step2. ラダーの知識は不要。項目選択で、動作のプログラミング。

プログラムの作成は、コマンドを選択していくかんたんな方式です。ラダーなどの専門知識がなくても直感的 にプログラムを作成できます。P to P運転、直線補間運転、円弧補間運転、アーチモーションなどに対応しています。 さらに、上位制御機器からEtherNet/IP経由で、直接運転データを実行することもできます。

MRC Studio使い方b

PtoP制御

P to P制御

直線補間

直線補間

円弧補間

円弧補間
(ヘリカル補間)

アーチモーション

アーチモーション

Step3. オンライン3Dシミュレーションで、動作確認。

ロボットの動作プログラムを3Dシミュレータ上で確認することができます。実機を動かす前に、プログラムの簡易的なチェックができます。

オフラインでは使用できません。

3Dシミレータ

AZシリーズ/AZシリーズ搭載 電動アクチュエータと組み合わせが可能

AZシリーズと、それらを搭載している電動アクチュエータを接続することができます。

AZシリーズ
電動アクチュエータ

ロボットコントローラ仕様詳細

詳細については、 支店・営業所 、またはお客様ご相談センターにお問い合わせください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る