Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

接続ケーブルと中継ケーブルの使い分けについて

モーターとドライバ間の接続には、次の2種類のケーブルがあります。

接続ケーブル

モーターとドライバの接続に使用します。

中継ケーブル

モーターとドライバ間の距離を離す場合、使用している接続ケーブルの長さが足りないときに使用します。
中継ケーブルを接続ケーブルに継ぎ足して延長します。

モーターを可動部分に取り付けるときは、耐屈曲性に優れた可動接続ケーブルまたは可動中継ケーブルをご使用ください。

付属ケーブルを使用せずにつなぐ場合

接続ケーブルをご使用ください。

付属ケーブルを使用せずにつなぐ場合

さらにケーブルを延長する場合

中継ケーブルを継ぎ足してご使用ください。中継ケーブルは複数本の継ぎ足しが可能です。
(継ぎ足しする場合の最大接続本数、最大延長距離は製品によって異なります。)

さらにケーブルを延長する場合

※接続ケーブルと中継ケーブルの接続順は、製品によって異なります。

付属ケーブルを使用して継ぎ足す場合(付属ケーブルありのモーターとドライバの組み合わせ品が対象です。)

付属ケーブルに、中継ケーブルを継ぎ足してご使用ください。中継ケーブルは複数本の継ぎ足しが可能です。
(継ぎ足しする場合の最大接続本数、最大延長距離は製品によって異なります。)

付属ケーブルを使用して継ぎ足す場合

※付属ケーブルと中継ケーブルの接続順は、製品によって異なります。

製品を選ぶ