ACモーターの基礎

ACモーターの動作原理、使い方、寿命、配線について、基礎からわかりやすく説明します。

1-6. ACモーターの種類

代表的なACモーターの種類と特徴を紹介します。

種類
特徴
オーバーラン量
(無負荷時の参考値)
一定方向に連続して運転することのできるモーターです。単相モーターと三相モーターがあります。
30 ~ 40回転
瞬時に正転・逆転の切り替えができるモーターです。単相モーターの起動トルクを向上させ、簡易ブレーキを内蔵しています。
5 ~ 6回転
電源OFF時に負荷を保持することができるモーターです。無励磁作動型の電磁ブレーキを内蔵しています。
2 ~ 3回転

1-6-1. インダクションモーター

図:インダクションモーター

一方向に連続して運転する用途に最適です。

関連情報

4-2. インダクションモーターの配線

このページのトップへ

1-6-2. レバーシブルモーター

図:レバーシブルモーター

正逆運転を頻繁に繰り返す用途に最適です。
簡易ブレーキを内蔵し、起動トルクをアップすることによって、モーターの回転方向を瞬時に切り替えることができます。

簡易ブレーキの構造

レバーシブルモーターは、モーター後部に簡易ブレーキ機構(摩擦ブレーキ)を内蔵しています。

簡易ブレーキの構造

ブレーキシューに常時圧力をかけ、モーター軸を押さえつけるようにしています。
モーターをしゅう動させているため、インダクションモーターよりもオーバーランを小さくすることができます。

関連情報

3-2-1. レバーシブルモーターの間欠運転と温度上昇

4-3. レバーシブルモーターの配線

このページのトップへ

1-6-3. 電磁ブレーキ付モーター

図:電磁ブレーキ付モーター

上下駆動など、負荷保持を必要とする用途に最適です。
無励磁作動型の電磁ブレーキを内蔵することによって、電源OFF時に負荷を保持することができます。

関連情報

2-3. 負荷保持機能―電磁ブレーキについて

4-4. 電磁ブレーキ付モーターの配線

このページのトップへ

この章では、ACモーター単体の構造・動作原理、特性、種類について説明しました。
次章では、「減速機構」「負荷保持」「瞬時停止」など、モーターの動きに付加価値をつける方法について、周辺機器の紹介を交えながら説明します。

まとめ

ACモーターには、基本のインダクションモーター以外にも、用途に応じた種類がある

レバーシブルモーターは、瞬時に正転・逆転の切り替えができる

電磁ブレーキ付モーターは、電源OFF時に負荷を保持することができる

このページのトップへ

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る