ファンモーター 選定計算編

ファンモーターの必要風量は、筺体内部の発熱量と、筺体の放熱能力によって決まります。
筺体内部の発熱量を、筺体の放熱能力(総放熱量)が上回る場合、ファンモーターによる強制冷却は不要です。

そのため、選定を始める前に、筺体における総放熱量を、密閉筺体、開放筺体の順に算出します。
筺体内部の発熱量を、筺体における総放熱量が下回る場合、その不足分に対しての必要風量を求め、ファンモーターを選定します。

密閉筺体
開放筺体
【密閉筺体】
【開放筺体】

まずは、筺体における総放熱量が小さい、密閉筺体における総放熱量から求めます。
開放筺体については、3-2. 開放筺体における放熱能力の算出をご覧ください。

3-1. 密閉筺体における放熱能力の算出

密閉筺体における総放熱量(Q)の求め方

密閉筺体における総放熱量(Q)の求め方

筺体面積からの放熱量(QW)が、そのまま密閉筺体における総放熱量(Q)となります。
筺体面積からの放熱量(QW)の計算式は、以下の通りです。

筺体面積からの放熱量(Q<sub>W</sub>)の計算式

筺体面積からの放熱量(QW)の算出には、熱通過率(K)の計算が必要です。
熱通過率(K)の計算式は、以下の通りです。

熱通過率(K)の計算式

QW
: 筺体面積からの放熱量 [W]
S
: 筺体の有効表面積 [m2]
α1
: 内側の熱伝達率 [W/m2・K]
α2
: 外側の熱伝達率 [W/m2・K]
K
: 熱通過率 [W/m2・K]
T1
: 目標温度(装置内温度) [℃]
T2
: 周囲温度 [℃]
λ
: 隔壁の熱伝導率 [W/m・K]

熱通過率、熱伝達率、熱伝導率の詳細については、こちらをご覧ください。

密閉筺体における総放熱量(Q)の計算例

手順
① 熱通過率(K)を求める
② 筺体面積からの放熱量(QW)を求める
③ 密閉筺体における総放熱量(Q)を求める
熱通過率(K)を求める

熱伝達率、熱伝導率をもとに、熱通過率(K)を求めます。

内側の熱伝達率
α1 = 4.65 [W/m2・K]
隔壁の熱伝導率
λ = 197 [W/m・K]
外側の熱伝達率
α2 = 4.65 [W/m2・K]

熱通過率(K)の計算式

筺体面積からの放熱量(QW)を求める

筺体の仕様と、熱通過率(K)の値をもとに、筺体面積からの放熱量(QW)を求めます。

放熱量(Q<sub>W</sub>)の計算式

要求仕様

  • S (筺体の有効表面積) : 2.76 [㎡]
  • T1(目標温度) : 45 [℃]
  • T2(周囲温度) : 25 [℃]
密閉筺体における総放熱量(Q)を求める

筺体面積からの放熱量(QW)が、そのまま密閉筺体における総放熱量(Q)となります。

総放熱量(Q)の計算式

筺体内部の発熱量
QX = 450 [W]

筺体内部の発熱量を、密閉筺体における総放熱量が下回るため、密閉筺体は要求仕様を満たしません。

次のページでは、開放筺体における放熱能力を求めます。

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る