ファンモーター 選定計算編

必要風量を概算する、2つの方法をご紹介します。

5-1. 簡易計算式による計算方法

比熱、比重量、熱通過率などが、あらかじめ定数として盛り込まれている簡易計算式を使用して、必要風量を求めることができます。

必要風量(q)の簡易計算式

必要風量(q)の簡易計算式

QX
: 筺体内部の発熱量 [W]
K
: 熱通過率 [W/m2・K]
S
: 筺体の有効表面積 [m2]
T1
: 目標温度(装置内温度) [℃]
T2
: 周囲温度 [℃]

簡易計算式では、一般的に使用されている定数(5 [W/m2・K])を使用します。熱通過率の詳細については、こちらをご覧ください。

筺体の有効表面積(S)の計算には、国際規格IEC TR 60890で規定されている算出法を使用します。

設置場所の分類
計算式
筐体の全周囲が開放されている場合
S = 1.4 × WD + 1.8 × DH + 1.8 × WH
筐体の背面が壁に接している場合
S = 1.4 × WD + 1.8 × DH + 1.4 × WH
筐体の片側の放熱が妨げられている場合(装置の連結等)
S = 1.4 × WD + 1.4 × DH + 1.8 × WH
筐体の背面と片側の放熱が妨げられている場合
S = 1.4 × WD + 1.4 × DH + 1.4 × WH
筐体の両側の放熱が妨げられている場合(装置の連結等)
S = 1.4 × WD + 1.0 × DH + 1.8 × WH
筐体の背面と両側の放熱が妨げられている場合
S = 1.4 × WD + 1.0 × DH + 1.4 × WH
筐体の前面以外全ての放熱が妨げられている場合
S = 0.7 × WD + 1.0 × DH + 1.4 × WH
S
: 筺体の有効表面積 [m2]
H
: 筺体の高さ [m]
W
: 筺体の幅 [m]
D
: 筺体の奥行き [m]

必要風量(q)の簡易計算例

手順
① 筺体の有効表面積(S)を求める
② 必要風量(q)を求める
筺体の有効表面積(S)を求める

筺体の設置条件と大きさをもとに、筺体の有効表面積(S)を求めます。

設置条件
全周囲開放

筺体の有効表面積(S)の計算式

要求仕様

  • W (筺体の幅) : 0.7 [m]
  • H (筺体の高さ) : 1 [m]
  • D (筺体の奥行き) : 0.4 [m]
必要風量(q)を求める

筺体の仕様と、筺体の有効表面積(S)、熱通過率(K)、安全率をもとに、必要風量(q)を求めます。

熱通過率
K = 5 [W/m2・K]
安全率
2

必要風量(q)の計算式

要求仕様

  • QX(筺体内部の発熱量) : 450 [W]
  • T1(目標温度) : 45 [℃]
  • T2(周囲温度) : 25 [℃]

簡易計算式から求める必要風量は、WEBサイト上の技術サポートツールで自動計算することができます。

技術サポートツール「必要風量の計算」

次のページでは、必要風量検討グラフから読み取る方法をご紹介します。

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る