ACスピードコントロールモーターの基礎

3-2. 電圧の大きさを変える制御(位相制御)

ACスピードコントロールモーターでは、電圧の大きさを変える手段として位相制御をおこなっています。

位相制御とは、交流電圧を直接オン・オフできるスイッチング素子(トライアック)を使用し、印加電圧の半サイクルごとのオン・オフ時間のタイミング(位相)を調整し、電圧を変化させる方法です。

位相制御

トライアック

トライアック

ゼロクロスポイントでOFFになる性質がある素子です。
ゲートにトリガ信号が与えられるとONになり、電流を流します。

次のページでは、回転速度―トルク特性について説明します。

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る