サポートソフト BLST01 各機能の詳細について

サポートソフト BLST01の、各機能についてご紹介します。

立ち上げ

スムーズな装置の立ち上げに役立つ機能

簡易設定

「簡易通信設定」で簡単に各通信の設定ができます。

簡易設定

画像を拡大する

リモート運転

サポートソフト上から、モーターを駆動させることが可能です。
上位システムと接続する前に、試運転をおこなえます。

リモート運転

画像を拡大する

通信フレームモニタ、通信ステータスモニタ

各通信のフレームやステータスをモニタできます。
上位プログラムの立ち上げ、デバッグに活用いただけます。

フレームモニタ

画像を拡大する

ステータスモニタ

画像を拡大する

稼働

調整に役立つ機能

波形モニタ

オシロスコープのようにモーターの運転状態(指令速度、トルク、入出力信号など)を確認できます。
波形の測定結果は、画像やCSV形式で保存できます。

波形モニタ

画像を拡大する

FFTモニタ

FFT解析を用いた周波数分析により、機械共振を可視化しています。「共振抑制パラメータ」を調整することで、音、振動を低減できます。

フレームモニタ

画像を拡大する

ゲインチューニング

指令に対するモーターの追従性を調整できます。

ゲインチューニング

画像を拡大する

保守

診断・メンテナンスに役立つ機能

トレースモニタ

モーターの運転状態を連続して24時間以上計測することができます。データはCSV形式で保存できます。

トレースモニタ

画像を拡大する

ステータスモニタ

モーター、ドライバの温度や負荷率、使用開始時からの積算回転量などがモニタできます。

ステータスモニタ

画像を拡大する

I/O入力履歴モニタ

ダイレクトI/O入力(D-IN)やリモートI/O入力(R-IN)の履歴を確認できます。(最大16点)

I/O入力履歴モニタ

画像を拡大する

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る