プログラミングソフト MRC Studio

MRC Studioスプラッシュ

MRC Studioは立上げからメンテナンスまでサポートするソフトウェアです。

コンピュータで、運転プログラムの作成、各種パラメータの設定・編集がおこなえるほか、ティーチング、各種状態のモニタを行うことができます。

動作環境

MRC Studioを使用するための動作環境についてご案内します。

オペレーティングシステム
次のOSは、32ビット(x86)版と64ビット(x64)版に対応しています。
・Microsoft Windows 10 Ver.1607以降
CPU
Intel® Core i3™ プロセッサー 2GHz 以上(OSに対応していること)
グラフィック
DirectX10以降、VRAM 128MB以上
ディスプレイ解像度
HD(1280×720)以上
メモリ※1
2GB以上
ハードディスク ※2
1GB以上の空き容量
USBポート
USB2.0 1ポート
※1
OSの動作条件を満たしている必要があります。
※2
MRC StudioにはMicrosoft .NET Framework 4.8が必要です。インストールされていない場合は自動でインストールされるため、場合によっては、追加の空き容量が必要になることがあります。

◆ 重要

 ・
お客様がご使用になっているシステムの環境によっては、必要なメモリやハードディスクの容量が異なる場合があります。

通信ケーブル

以下仕様のUSBケーブル(市販品)をご用意ください。

規格
USB2.0(フルスピード)
ケーブル
長さ : 3m以下
形状 : A to miniB

使用許諾契約書

MRC Studioをダウンロードする前に必ず使用許諾契約書をお読みください。

使用許諾契約書

ダウンロード

初めてご使用される場合は、セットアップ方法のガイドに従って、インストールをしてください。
本サービスで提供するファイルは、ZIP形式で圧縮しています。
ダウンロードされるファイルサイズとダウンロードされたファイルサイズが一致していることを必ずご確認ください。
ファイルサイズが不一致の場合は、ファイルを解凍(実行)しないで破棄してください。その後、再度ダウンロードをおこなってください。

製品版

最新バージョンのダウンロード
バージョン
言語
対象OS
ダウンロードファイル
Ver.2.0.0.0
日本語
Windows 10
Ver.1607以降
225MB

管理者権限が必要です。

管理者権限がないままインストールをおこなうと、製品との通信ができない場合があります。
デバイスドライバ

デバイスドライバはMRC Studioのインストール時に自動的にインストールされます。
MRC Studioと一緒にデバイスドライバがインストールできなかった場合にのみ、お使いください。

デバイスドライバのダウンロードファイルには、32bit版と64bit版が含まれています。お客様の環境に合わせてお使いください。

デバイスドライバ
対象OS
ダウンロードファイル
ORIENTAL MOTOR USB Common Virtual COM Port Driver
Windows 10
1.90MB
(1,995,755byte)
改版内容
改版時期
バージョン
言語
内容
2021年6月
Ver.1.0.0.0
日本語
新規リリース
2021年9月
Ver.1.1.0.0
日本語
対応ロボットの追加
・水平多関節 2リンク (昇降軸なし)
・ORIM VEXTA 4軸多関節ロボットアーム (OVR680K5)

最新ファームへの対応
・MRC01の最新ファームウェアに対応

動作安定性改善
2021年11月
Ver.1.1.1.0
日本語
最新ファームへの対応
2022年1月
Ver.2.0.0.0
日本語
対応ロボットの追加
[ 垂直多関節 ]
・3リンク ベース軸なし
・3リンク ベース軸旋回 + Rz軸
・3リンク ベース軸直動 + Rz軸
[ 水平多関節 ]
・2リンク 昇降軸なし + Rz軸
・2リンク 先端軸昇降 + Rz軸
・2リンク ベース軸昇降 + Rz軸
運転コマンドの追加
セットアップ機能の改善
最新ファームへの対応
動作安定性の改善

体験版

体験版 最新バージョンのダウンロード

ロボットコントローラMRC01を購入する前に、操作感をテストできるプログラミングソフト MRC Studioの体験版をご用意しました。体験版では、ロボットの3Dグラフィックを見ながら、ティーチング、原点設定、運転プログラムの作成/実行ができます。ダウンロードファイルには、ロボットタイプごとにプログラム作成された、サンプルデータファイルが含まれていますので、体験版のインストール後すぐにお試しいただけます。

体験版の概要はこちら

バージョン
言語
対象OS
ダウンロードファイル
Ver.1.1.0.0
日本語
Windows 10
Ver.1607以降
体験版は、製品版と機能や動作が異なる場合があります。また、ロボットコントローラMRC01と通信することはできません。MRC01と接続して使用する場合は、製品版ソフトウェアを使用してください。
体験版で保存したデータファイルとサンプルデータは、製品版で開くことはできません。
製品版と体験版のバージョンが異なる場合があります。ご了承ください。

セットアップ方法

はじめに

MRC Studioのダウンロード・インストールの前に、以下の項目をご確認ください。

インストールの際は、パソコン管理者の権限が必要です。
インストールの前に、現在インストールしているMRC Studioを必ずアンインストールしてください。 (お使いのバージョンの確認は、ソフト内のヘルプ-「バージョン情報」でおこなってください。)
ルート証明書が最新の状態になっていない場合、インストールに失敗することがあります。

ダウンロード・インストール手順

上記の「はじめに」の内容に問題がなければ、以下の手順でMRC Studioのダウンロード・インストールに進みます。

1.
インストールプログラム(ZIPファイル)をダウンロードします。
2.
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、Setup.exe(セットアッププログラム)を起動させます。
解凍ファイルはなるべく階層の浅いフォルダに展開してください。
例) C:\(展開フォルダ)
3.
インストールが開始されるので、画面の手順に従ってインストールします。

MRC Studioをインストールすると、MRC Studioのほかに、USB用デバイスドライバとMicrosoft .NET Framework 4.8 がインストールされます。

setup.exeアイコン

アンインストールについて

MRC Studioの最新版をインストールする(バージョンアップする)際は、旧バージョンのアンインストールが必要です。
以下の説明に沿って、MRC Studioをアンインストールしてください。

ご注意

MRC Studioをアンインストールするときは、MRC Studioとデバイスドライバの両方をアンインストールしてください。
なお、MEXE02をお使いの場合は、「ORIENTAL MOTOR CO., LTD. Common Virtual COM Port Driver」のアンインストールは必要ありません。

デバイスドライバのアンインストール
1.
通信ケーブルを取り外します。
2.
お使いのOSのプログラムアンインストール方法に従って、「ORIENTAL MOTOR CO., LTD . Common Virtual COM Port Driver」をアンインストールします。
MRC Studioのアンストール

お使いのOSのプログラムアンインストール方法に従って、「プログラミングソフト MRC Studio 」をアンインストールします。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る