中空ロータリーアクチュエータ DHシリーズ - 特徴

DHシリーズ集合

中空ロータリーアクチュエータDHシリーズ

5相ステッピングモーターに中空フランジを採用したアクチュエータです。
中空で、装置先端の配管・配線を簡素化、フランジ取付で可動部周辺の部品削減に貢献します。
CVDドライバとの組み合わせで高精度な位置決めを実現します。

  • DC入力
  • 取付角寸法
    □28、□42㎜
  • 中空径
    φ5.2、10mm
  • 低振動・低騒音
  • 小型ドライバ
  • パルス列入力
  • Modbus(RTU)
  • 安全規格対応

特徴

中空で、装置先端の配管・配線を簡素化

5相ステッピングモーターに中空フランジを採用したアクチュエータです。中空部にエア配管、配線、光線を通すことで装置先端の設計の簡素化、小型・軽量化に貢献します。

DHシリーズ用途例パラレルリンクロボット

パラレルリンクロボット
吸着器のθ軸

DHシリーズ構造

品名
取付角
寸法
中空径
質量
DHM28PAK2
28mm
φ5.2mm
0.17㎏
DHM42PAK
42mm
φ10mm
0.47㎏

フランジ取付で、可動部周辺の部品削減に貢献

中空フランジには、直接負荷を取り付けることができます。可動部周辺の部品点数削減に貢献します。

DHシリーズ用途例防犯カメラの回転軸

防犯カメラの回転軸

DHシリーズフランジ部

例:DHM42PAKの場合

従来自作でご用意いただいていた部品が不要となるため、装置設計や部品選定の時間が短縮されます。
さらに、組み立てや取付精度の調整にかかる時間を削減でき、お客様の生産効率アップに貢献します。

PKPシリーズ吸着器

三角

DHシリーズ吸着器

装置採用のメリット

  • ・設計時間の短縮
  • ・部品コスト削減
  • ・組み立て工数削減
  • ・精度調整時間の削減
  • ・メンテナンス時間の削減

高精度な位置決めを実現

5相ステッピングモーターを搭載しているため、高精度な位置決め、微細な動作を安定して繰り返すことができます。CVDドライバとの組み合わせでマイクロステップ駆動、スムースドライブ機能により低速度の振動を抑えたなめらかな動作が可能です。また、中空フランジは、カップリングやベルトなどの伝達機構を使用していない為、部品の剛性や組み合わせの誤差による精度の影響はありません。

DHシリーズ用途例部品マウント

部品マウンタ
並列吸着器のθ軸

装置採用のメリット

  • ・部品整列の高精度化
  • ・吸着器ユニットの軽量化
  • ・並列配置による吸着ユニットの小型化

DHシリーズマイクロステップ

品名
静止角度
誤差
繰り返し
位置決め精度
DHM28PAK2
±0.33°
±0.15°
DHM42PAK
±0.11°
±0.05°

バリエーション・仕様

アクチュエータ、ドライバ、接続ケーブル、それぞれをご購入ください。

アクチュエータ
品名
取付角寸法
中空径
静止角度
誤差
繰り返し
位置決め精度
励磁最大
静止トルク
DHM28PAK2
28mm
φ5.2㎜
±0.33°
±0.15°
0.029N・m
DHM42PAK
42mm
φ10㎜
±0.11°
±0.05°
0.175N・m
ドライバ
ドライバタイプ
電源入力
DHシリーズバリエーションドライバ
パルス列入力
DC24V
RS-485通信
接続ケーブル/可動接続ケーブル

◇取付角寸法28mm

・ケーブルが屈曲される場合には、可動接続ケーブルをお使いください。

・接続ケーブルに継ぎ足す「中継ケーブル ドライバ側」もご用意しています。

長さ
[m]
DHシリーズ コネクタタイプ接続ケーブル
0.5~10

◇取付角寸法42mm

ドライバ側にコネクタがついています。

・ケーブルが屈曲される場合には、可動接続ケーブルをお使いください。

・モーターとドライバ間の「延長用接続ケーブル 端末処理なし」もご用意しています。

長さ
[m]
DHシリーズ ロード線タイプ接続ケーブル
0.5~1
ご注意

モーターとドライバ間の配線距離は、10m以下となるようにしてください。

関連製品

ステッピングモーター PKPシリーズ/
CVDシリーズ パルス列入力タイプドライバ

ステッピングモーターをパルス列入力で簡単に運転をおこないたい。そんなニーズにお応えするモーターとパルス列入力タイプドライバです。高効率設計・高トルク・低振動化をさらに追及し、性能をより向上させました。

パルス列入力タイプドライバ

ステッピングモーター PKPシリーズ/
CVDシリーズ RS-485通信タイプドライバ

ステッピングモーターを、Modbus(RTU)制御で動かしたい。タッチパネルで簡単にデータを設定したい。そんなニーズにお応えするモータ-とRS-485通信対応のドライバです。上位制御機器1台に対して、ドライバを最大31軸まで接続して制御することが可能です。

RS-485通信ドライバ

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る