Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

mainimage

コンパクトリニアアクチュエータDRS2シリーズ

ステッピングモーターとボールねじを一体化し、直線動作を実現した製品です。
モーターにABZO(アブゾ)センサを搭載し、省スペース・省配線に貢献します。

  • DC入力
  • 微細位置決め
  • 安全規格対応
  • ストローク40、50mm
  • 最高速度200mm/s
  • 最大可搬質量水平50kg/垂直50kg
  • 最大推力500N
  • 繰り返し位置決め精度±0.003mm/±0.01mm
  • カタログ
  • 取扱説明書

2017.6.16
AZシリーズ搭載に、RS-485通信付きパルス列入力タイプを追加しました。

品名の見方はこちら

機能と使い勝手からアクチュエータ、ドライバ、ケーブルを選択

主な特徴

微小送り・高精度位置決めに最適

ステッピングモーターとボールねじが一体化した構造

中空ローターとボールねじのナットを一体化。
連結部品が不要なので、カップリング剛性などの部品の組み合わせによるバックラッシの影響が少なくなり、精度の高い位置決めが実現可能です。

コンパクトリニアアクチュエータDRS2シリーズ 内部構造

駆動用ねじは研削ボールねじと転造ボールねじの2種類

研削ボールねじ
転造ボールねじ
最小移動量
0.001mm
繰り返し位置決め精度
±0.003mm
±0.01mm
高可搬質量と高速を実現(取付角寸法42mm ガイド付タイプの場合)

□60mmガイドなしタイプの場合、可搬質量50kg(水平方向・垂直方向)、最高速度50mm/sec


リード2mm
リード8mm
可搬質量
(水平方向、垂直方向共通)
10kg
5kg
最高速度
50mm/sec
200mm/sec

最短位置決め時間が簡単に算出できます

当社電動スライダ・電動シリンダの該当製品について、「機種」「運転条件」に合わせて目安となる位置決め時間を算出できるサポートツールをご用意しています。

装置立ち上げまでの時間を短縮

コンパクトボディに直動機構を集約
これまで自作していた部品が不要になるため、装置設計や部品選定の時間を短縮できます。
組み立てや取付精度の調整にかかる時間を削減でき、生産効率アップにつながります。
運転時に必要なパラメータを設定済み

<最小移動量>

位置決め機能内蔵タイプ
: 0.001mm
パルス列入力タイプ
: 0.001mm
移動量は「mm」単位で設定が可能(MEXE02)

移動量は「mm」単位で設定が可能(MEXE02)

構成部品数の比較

<ワークを同じストローク分動かす場合の構成例>

ワークを同じストローク動かす場合の構成例

ABZOセンサ搭載でさらに省スペース・省配線

コンパクトボディによる装置の小型・軽量化に加え、ABZOセンサを搭載しているため、原点センサが不要です。
さらなる装置の省スペース・省配線に貢献するほか、原点センサ使用時の定期的なメンテナンスやトラブルも回避できます。

原点センサが不要で省スペース

充実の押し当て機能

押し当て力と時間を自在に変更可能

DRS2シリーズは位置決め運転完了後、簡単に押し当て運転に移行できます。また押し当て力と時間を自在に変更できます。

メリット

運転データNo.ごとに押し当て力と押し当て時間を設定できるので、データNo.を選択して、簡単に変更ができます。
位置がずれないように力を落とし、ゆっくり圧入する段階と、短時間で力を上げて押し込むような段階で使い分けが可能です。

押し当て力と時間を自在に変更可能

動画で見る押し当て運転

動画で見る押し当て運転

低速で押し付け可能

高速でワークにアプローチ。当たる直前に減速して、低速で押し付けることができます。

メリット

押し付け時に衝撃がほとんど発生しないため、衝撃吸収のためのクッション機構が不要です。
押し当ての直前まで高速でアプローチできるため、装置のタクトタイム短縮につながります。

低速で押し付け可能

パルス列入力タイプも押し当て運転可能

T-MODE入力を設定することで、パルス列入力タイプも過負荷アラームが発生することなく、押し当て運転が可能です。
パルス列制御をおこなっていて、押し当て運転が必要になった場合に便利です。

ABZOセンサ搭載

新開発ABZOセンサを採用

小型・低コストでバッテリレスの、機械式アブソリュートセンサ<ABZOセンサ>を開発しました(特許取得)。生産性の向上や、コスト削減に貢献します。

機械式センサ

複数の歯車で構成される機械式センサを採用しており、個々の歯車の角度を認識することで位置情報を検出しています。

多回転アブソリュートセンサ

基準となる原点から、モーター軸で±900回転(1800回転分)の絶対位置が検出可能です。

原点の設定方法

ドライバ表面のスイッチを押すことで簡単に原点を設定でき、ABZOセンサで原点位置を保存します。また、データ設定ソフト(MEXE02)や外部入力信号からの原点設定も可能です。

ABZOセンサ

バッテリレス

機械式センサのためバッテリレスです。
位置情報はABZOセンサで機械的に管理されています。

位置情報を保持

位置決め運転中に電源が遮断されたり、アクチュエータ/ドライバ間のケーブルを外しても、位置情報は保持されます。位置決め機能内蔵タイプの場合、生産ラインでの非常停止や停電からの復旧の際、原点復帰をせずに位置決め運転を再開できます。

原点復帰をせずに位置決め運転を再開

メンテナンスの削減

バッテリの交換が必要なく、メンテナンスの手間やコストを削減できます。

ドライバ設置場所の自由度向上

バッテリ交換用のスペース確保も不要なため、ドライバ設置場所の制約がなく、制御盤等のレイアウト設計の自由度が上がります。

海外輸送も安心

通常のバッテリは自己放電するため、海外出荷といった長期間の装置搬送では注意が必要です。ABZOセンサはバッテリ不要であり、位置情報の保持に期限はありません。またバッテリを海外に輸出する際の各種規制等も考慮する必要がありません。

外部センサ不要

アブソリュートシステムのため、原点センサ、リミットセンサなどの外部センサが必要ありません。

高速原点復帰

外部センサを用いずに原点復帰が可能なため、センサ感度を気にせず高速で原点復帰がおこなえ、マシンサイクルの短縮につながります。

コストダウン

センサ費用や配線費用が削減でき、システムコストダウンが図れます。

省配線

省配線となり、装置設計の自由度がアップします。

外部センサ誤動作の影響を受けない

センサの誤動作やセンサの故障、センサ線の断線といった心配がありません。

原点復帰精度向上

原点センサ感知のばらつきを気にすることなく原点復帰をおこなえるため、原点の精度を向上できます。

リミットセンサを取り付けない場合、ドライバのソフトウェアリミットを使用すると、限界値を超える動作を防げます。

制御方法が統一された製品バリエーション

ABZOセンサ内蔵のαSTEP AZシリーズを搭載した、機構製品をご用意しています。
それぞれ同じモーター・ドライバを搭載しているため、配線、制御、保守部品を統一でき、立ち上げの時間や手間を削減できます。

ステッピングモーター
αSTEP
電動アクチュエータ
電動スライダ
電動シリンダ
コンパクトリニア
アクチュエータ
中空ロータリー
アクチュエータ
・DRS2シリーズ
統一のメリット
配線の統一
I/O のピンアサインが同じため、電気設計、配線の手間が省けます。
制御の統一
制御方法が同じため、同じ使い方で動かすことができます。またネットワーク制御の場合、リモートI/Oや命令コードが同じです。
プログラムの作成の手間が省けます。
保守部品の統一
モーター、ドライバ、ケーブルなどが共通なため保守部品を最低限に抑えることができます。
管理コスト(部品代、管理スペース)の削減ができます。

信頼性の高いαSTEPを搭載

AZシリーズは、クローズドループステッピングモーターαSTEPです。当社独自のクローズドループ制御を採用したαSTEPは、ステッピングモーターの使いやすさをそのままに、応答性・信頼性が向上しました。

αSTEPのメリット

  • 急激な負荷変動、急加速でも運転を継続
  • 万が一の異常時にはアラーム信号を出力

ステッピングモーターならではのメリット

  • チューニング不要
  • ハンチングなしで停止位置を保持

通常時はパルス指令に同期してオープンループ制御で運転しますが、過負荷時などには即座にクローズドループ制御に切り替わり、位置の補正をおこないます。過負荷状態が続いた場合はアラーム信号を出力します。

信頼性の高いαSTEPを搭載

上位システムに合わせて選べるドライバ

位置決め機能内蔵タイプFLEX

運転データをドライバに設定し、上位から運転データの選択、実行をするタイプです。上位との接続、制御はI/O、Modbus(RTU)、RS-485通信、FAネットワークいずれかでおこなえます。ネットワークコンバータ(別売)を使用することにより、CC-Link通信、MECHATROLINK通信、EtherCAT通信で制御できます。

FLEXに関する詳細はこちらをご覧ください

当社ネットワークコンバータと他社PLCのネットワークユニットとの接続ガイドをダウンロードいただけます。プログラム設計・立ち上げの時間短縮に貢献できますので、ぜひご活用ください。
対象メーカー例 : 三菱電機株式会社 / 安川電機株式会社

詳細はこちら

RS-485通信付きパルス列入力タイプ(AZシリーズ搭載のみ)

ドライバに対してパルスを入力することで運転を実行するタイプです。お客様がご用意する位置決めユニット(パルス発振器)からモーターの制御をおこないます。RS-485通信を使用することで、モーターのステータス情報(位置、速度、トルク、アラーム、温度など)をモニタすることができます。

パルス列入力タイプ

ドライバに対してパルスを入力することで運転を実行するタイプです。お客様がご用意する位置決めユニット(パルス発振器)からモーターの制御をおこないます。データ設定ソフト(MEXE02)を使用することで、アラーム履歴の確認や各種状態のモニタができます。

多軸ドライバ(AZシリーズ搭載 DC電源入力のみ)

SSCNETIII/H、MECHATROLINK-III、EtherCATドライブプロファイルに対応した多軸ドライバです。AZシリーズ DC電源入力のモーターと、それらを搭載しているアクチュエータを接続できます。2軸、3軸、4軸接続できるドライバをご用意しています。

SSCNETIII/Hは三菱電機株式会社の登録商標または商標です。
CC-LinkはCC-Link協会、MECHATROLINKはMECHATROLINK協会の登録商標です。
EtherCAT©は、ドイツのベッコフオートメーション株式会社がライセンスを供与した登録商標であり、特許取得済みの技術です。

用途例・便利な使い方

代表的な用途例

XY軸ステージの駆動
(マイクロメータヘッドの自動化)

XY軸ステージの駆動(マイクロメータヘッドの自動化)

CCDカメラのフォーカス

CCDカメラのフォーカス

プローブの上下動

プローブの上下動

データ設定ソフトMEXE02でパソコンから簡単駆動

データ設定ソフト MEXE02を使用することにより、データの設定や実際の駆動、また各種モニタ機能による確認が、パソコン上で簡単におこなえます。

データ設定ソフトのダウンロードはこちら

ティーチング・リモート運転

データ設定ソフト上から、簡単に原点設定やモーターを駆動させることが可能です。上位システムと接続する前のティーチングや試運転時などにご使用ください。

ティーチング・リモート運転

I/Oテスト

入力信号のモニタと、出力信号の強制出力がおこなえます。上位システムとの結線やネットワークI/Oの動作確認などにご使用ください。

I/Oテスト

各種モニタ機能
●波形モニタ
オシロスコープのようなイメージで、モーターの運転状態や出力信号の状態をモニタすることができます。装置の立ち上げ・調整時などにご使用ください。

波形モニタ機能 項目一覧(PDF)
●アラームモニタ
異常が発生したときに、異常の内容や発生時の運転状態、対処方法が確認できます。
●ステータスモニタ
運転時の速度、モーター、ドライバの温度、負荷率のモニタのほか、使用開始時からの積算回転量などもモニタできます。それぞれの項目について、任意に信号を出力させることができるので、効率的なメンテナンスにも有効です。
波形モニタ アラームモニタ ステータスモニタ
①指令位置に対して実際の位置を検出します。
②指令速度に対して実際の速度を検出します。
③モーターのエンコーダ部、ドライバ内部の温度を検出します。
④回転中の速度における出力トルクを100%として、現在の負荷率を表示します。

簡易シーケンス機能でプログラムを簡略化

他の機器を制御するための出力信号や、センサなどの外部入力信号を 取り込むことで、シーケンス制御のプログラムを簡略化することができます。

位置決め機能内蔵タイプの場合

位置決め運転データ設定数(最大256点)
汎用入出力点数(入力10点、出力6点)
通信用入出力点数(入力16点、出力16点)

簡易シーケンス機能でプログラムを簡略化

バリエーション・仕様

コンパクトリニアアクチュエータ、ドライバ、接続ケーブルセットのそれぞれが別手配です。組み合わせてお求めになれます。

位置決め機能内蔵タイプ
タイプ
取付角寸法
[mm]
ストローク
[mm]
ねじ
電源電圧
[V]
接続ケーブルセット
ガイド付
40
転造・研削
DC24/48
0.5m ~ 20m
電磁ブレーキなし
電磁ブレーキ付
ガイドなし
40
転造・研削
50
転造
RS-485通信付きパルス列入力タイプ
タイプ
取付角寸法
[mm]
ストローク
[mm]
ねじ
電源電圧
[V]
接続ケーブルセット
ガイド付
40
転造・研削
DC24/48
0.5m ~ 20m
電磁ブレーキなし
電磁ブレーキ付
ガイドなし
40
転造・研削
50
転造
パルス列入力タイプ
タイプ
取付角寸法
[mm]
ストローク
[mm]
ねじ
電源電圧
[V]
接続ケーブルセット
ガイド付
40
転造・研削
DC24/48
0.5m ~ 20m
電磁ブレーキなし
電磁ブレーキ付
ガイドなし
40
転造・研削
50
転造
ガイドなしの場合には、ねじ機構に回り止めが必要となります。

ガイドなしの場合

関連製品

多軸ドライバ

当社のAZシリーズDC電源入力のモーターと、それらを搭載している電動アクチュエータを接続できます。
軸数:2軸、3軸、4軸タイプ

詳細はこちら

SSCNETIII/Hは三菱電機株式会社の登録商標または商標です。
MECHATROLINK-IIIはMECHATROLINK協会の登録商標です。
EtherCAT®はドイツのベッコフオートメーション株式会社がライセンスを供与した登録商標であり、特許取得済みの技術です。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー