Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ACサーボモーターの概要

ACサーボモーターとは

ACサーボモーターは、高応答で高精度な位置決めを得意としたモーターです。正確な回転角度・回転速度を制御できるモーターとしてさまざまな装置にご利用いただけます。

概要と特徴

指令に対してモーター動作が追従するクローズドループ制御

モーターに回転検出器(エンコーダ)を搭載し、モーター軸の回転位置/回転速度をドライバにフィードバックしています。
ドライバは、コントローラからのパルス信号やアナログ電圧(位置指令/速度指令)とフィードバック信号(現在位置/速度)の誤差を演算し、この誤差を0にするようモーター回転を制御します。
ドライバ、モーター、エンコーダでクローズドループ制御方式を構築することで、高精度な位置決め運転をおこなうことができるモーターです。

位置決め運転が完了したことを伝えるEND信号が得られます。

過負荷など異常が発生した場合にアラームを出力することができるため、設備の異常を知らせることが可能です。

ACサーボモーターの構造はこちら

パルス信号による位置制御

コントローラより、パルス信号を入力します。パルス数に応じて回転速度・停止位置を制御します。

パルス信号による位置制御

位置制御の制御ブロック図

位置制御の制御ブロック図

アナログ電圧による速度制御

アナログ電圧を入力し、回転速度を制御します。

アナログ電圧による速度制御

速度制御の制御ブロック図

速度制御の制御ブロック図

アナログ電圧によるトルク制御

アナログ電圧を入力し、トルクを制御します。

アナログ電圧によるトルク制御

トルク制御の制御ブロック図

トルク制御の制御ブロック図

小型・高出力

サーボモーターは、小型・軽量ながら大きなパワーを発揮します。

回転速度-トルク特性(200W モーター取付角寸法60mm)

小型・高出力

連続運転領域と短時間運転領域

サーボモーターは、負荷の状況に応じた電流制御をおこなっています。効率がよくモーター発熱が小さいため、定格トルク内で連続運転が可能です。また、加減速時には、短時間運転領域を使用することで、大きなトルクを得られるため位置決め時間の短縮ができます。

回転速度-トルク特性の見方はこちら

広い可変速度範囲

低速域から高速域まで、フラットで安定したトルクを発生しますので、ロングストロークの位置決めを短時間でおこなえます。
検査装置などでは、低速でゆっくりワークを搬送し検査終了後は素早く高速で戻すなど、マシンサイクルの向上がはかれます。

広い可変速度範囲

ギヤードタイプで大慣性負荷にも対応

サーボモーターは許容慣性モーメントに制限がありますが、ギヤードタイプを使用することで、駆動できる負荷量が大幅に向上します。

ギヤードタイプで大慣性負荷にも対応

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー