Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

トルクモーターの概要

トルクモーターは、大きな起動トルクと垂下特性を持ち、回転速度―トルク特性の全域、特に低速および拘束時での安定した運転が得られるモーターです。この特徴を活かし、巻き取りや張力用のモーターとして幅広い用途でご使用いただけます。

トルクモーターの特徴

モーターへの印加電圧を変えるだけで、トルク調整ができます

トルクモーターは起動トルクが大きく、垂下特性を有しています。
モーターのトルクは印加する電圧の二乗に比例して変化します。
そのため、負荷や印加電圧が変化すると回転速度も変わります。

モーターへの印加電圧を変えるだけで、トルク調整ができます

簡単にトルク調整ができる製品をご用意しています。
トルクモーターユニットTMシリーズ

巻き取り作業に適しています

定張力巻き取り

連続して一定速度で出てくるものを定張力で巻き取る場合、巻枠の径が2倍になればトルクは2 倍で速度は半分になる、という関係が必要です。
トルクモーターは、その関係に近い垂下特性を有しています。そのため、巻き取りの用途で幅広く使われています。

回転速度―トルク特性の全域で使用することができ、拘束運転もおこなえます

トルクモーターは、インダクションモーターやレバーシブルモーターと異なり、拘束状態または拘束に近い低速運転でも、安定したトルクが得られるように設計されています。
そのため、物を押し付けるなど静止トルクが必要な用途や、工程の終わりに拘束状態になるような負荷の駆動に適しています。

当て止めは絶対にしないでください

ご注意

拘束運転に使用する場合は出力トルクが非常に大きくなります。ギヤヘッド許容トルクを超えないようにしてください。また、当て止めは絶対にしないでください。当て止めをすると、その衝撃によりギヤヘッドが壊れてしまう恐れがあります。

ブレーキとしても使用できます

トルクモーターは、モーターの回転方向に対し、外力などで逆方向に回されることでブレーキ力を得ることもできます。このブレーキ特性を、逆相ブレーキと呼びます。通常の回転速度─トルク特性で表す領域を運転領域、逆相ブレーキとしてはたらく領域を制動領域と呼びます。

ブレーキとしても使用できます

ブレーキとしても使用できます

トルクモーターの用途例

トルクモーターの特徴を活かした代表的な用途例をご紹介します。

巻き取り

トルクモーターの垂下特性は、一定速度・一定張力で巻き取る用途に適しています。※1

トルクモーターによる巻き取り運転

巻き取り

押し当て

拘束状態や、拘束に近い低速運転でも安定したトルクが得られるため、押し当て運転に適しています。※2

押し当て

張力(ブレーキ)

トルクモーターのブレーキ力を利用して、巻き取り時に材料のたるみを防ぐ張力用に使用できます。※1

張力(ブレーキ)

締め付け

拘束状態や、拘束に近い低速運転でも安定したトルクが得られるため、ねじなどを締め付ける用途に適しています。※2

締め付け

※1
巻き取り用途、張力(ブレーキ)用途で使用する場合の選定方法については、『選定計算』のページで詳しく説明しています。
選定事例-巻き取り機構
※2
拘束状態では出力トルクが大きくなります。ギヤヘッドやリニアヘッドを使用する場合には、当て止めは絶対におこなわないでください。当て止めをすると、衝撃によりギヤヘッドやリニアヘッドが破損する恐れがあります。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー