ミキサー(攪拌機)

課題

安定した速度で攪拌したい

安定した速度で攪拌したい

従来の装置

三相インダクションモーターでシャフトを回転させ、均一に攪拌する装置。(速度制御にはインバータを使用)

用途 : 食品や化粧品などの液体・粉体の攪拌

従来の問題点

  • 攪拌中に粘度や粘性が変化し、攪拌に時間がかかったり、品質にバラツキが生じる。
    (負荷トルクの変化に、モーターの回転速度が影響を受けている)

時間の経過にともなう、粘度・トルクの変化

解決策

速度変動率の良いブラシレスモーターで
負荷変動の影響を最小限にとどめ
安定した速度での攪拌を実現

BMUシリーズ、BLHシリーズなどのブラシレスモーターを採用することにより、負荷が変化しても、低速から高速まで安定した回転速度で駆動することができます。

ブラシレスモーター BLE2シリーズ

具体的なアプリケーション例

ブラシレスモーター 負荷変動の影響を最小限にとどめ、安定した速度での攪拌を実現

  • 多品種の液体や粉体への対応が可能

    フィードバック制御とPWM制御により、負荷の変化に左右されない安定した速度制御が可能です。


    BMUシリーズ
    BLHシリーズ
    外観
    ブラシレスモーター BLE2シリーズ
    ブラシレスモーター BLHシリーズ
    電源入力
    AC電源入力
    DC電源入力
    出力
    30W、60W、120W、
    200W、400W
    15W、30W、50W、
    100W
    速度変動率(対負荷)
    ±0.2%
    ±0.5%
    速度制御範囲
    80 ~ 4000r/min
    (速度比 1 : 50)
    100 ~ 3000r/min
    (速度比 1 : 30)
アナログ設定時、PWM入力設定時の値です。デジタル設定の場合、速度変動率(対負荷)は±0.2%、速度制御範囲は80~3000r/minです。

表中の2製品は、当社で取り扱っているブラシレスモーターの代表例です。
AC電源入力タイプでは、速度変動率や速度範囲の特性がより高い製品もご用意しています。各シリーズの比較表はこちら

  • 食品機械用H1グリース対応ギヤヘッドをラインアップ(※一部シリーズのみ)

    食品用攪拌機には、食品機械用H1グリースを採用したギヤヘッドがおすすめです。

    食品機械用H1グリースとは?

    NSFに「偶発的に食品に接触する可能性がある用途に使用できる潤滑剤」のカテゴリーに登録されたグリースです。

    NSF(NSF International)とは

    米国に本部を置く、公衆衛生及び環境に関わる、基準の開発、製品の認証、監査、教育、リスク管理などのグローバルサービスを提供する国際的な第三者認証機関です。

    ※ こちらのギヤヘッドは、BMUシリーズ / BLE2シリーズにて取り扱っています。

    食品機械用H1グリース対応

  • 小型・軽量化を実現

    三相インダクションモーターからブラシレスモーターへ変更することによって、小型・軽量化が可能です。

    【寸法・質量比較(丸シャフトタイプのモーター)】


    当社の三相
    インダクションモーター
    BMUシリーズ
    コネクタタイプ
    BLHシリーズ
    イメージ

    当社の三相インダクションモーター

    当社の三相インダクションモーター

    出力
    90W
    120W
    100W
    取付角寸法
    □90mm
    □90mm
    □90mm
    全長
    135mm
    50.4mm
    57mm
    質量
    3.6kg
    1.1kg
    1.4kg

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る