ポンプの多流量化と流量調整事例

ポンプ

課題

多流量化したい

多流量化したい

従来の装置

DC電源入力のステッピングモーターを使用した、液体を一定量・正確に吐出する装置。

用途 : 試薬の製造

従来の問題点

  • 送り量を増やすため、速度を上げたいがトルクが不足してしまう

解決策

ステッピングモーター RKⅡシリーズ
高速域のトルクをアップし、多流量化を実現

AC電源入力のステッピングモーター RKⅡシリーズは、DC電源入力のモーターに比べ、高速域のトルク特性が優れています。そのため、モーターの大きさはそのまま、ワークの送り速度を早めることができます。

ステッピングモーター RKⅡシリーズ

具体的なアプリケーション例

ステッピングモーター RKⅡシリーズ 停止位置の再現性を向上

  • 高速域でもトルクを発揮

    AC電源入力タイプのステッピングモーターは、高速域でも定格電流を流すことができ、DC電源タイプと比べてトルク特性が優れています。

モータートルクと電流値は比例関係にあるため、高トルクを得たいときは、電流値も大きくする必要があります。
RKⅡシリーズでは、ドライバでAC電源(AC100V、200V)を280Vの直流に整流し、モーターに印加しています。
印加電圧を大きくすることで、電流の立ち上がりをすばやくし、高速域のトルクを確保しています。

  • DC電源入力と同じく、停止時の負荷保持が可能

    AC電源を直流に整流しモーターへ供給するため、停止中も安定した保持トルクがあり、液体の逆流を防ぎます。
    停止時保持トルクの値は、ドライバの停止電流の設定で調整できます。

    エンコーダ付きタイプで流量を確認

    エンコーダー付きモーターを使うことで、現在の位置のモニタや、位置ズレの検出などが可能になります。
    ワークの送り量に影響するようなトラブルを早期に発見し、装置の信頼性向上に貢献します。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る