Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: AC小型標準モーター

機種・シリーズ: トルクモーター

内容: 使用方法・設定方法 、機能・特性・仕様・外形図

Q&A No.: 71

Q.
トルクモーターをブレーキとして使いたいと思います。
ブレーキの方法に「逆相ブレーキ」と、「うず電流ブレーキ」がありますが、何が違うのですか?
A.

どちらのブレーキ方法も、巻き取り装置におけるバックテンションなどの用途にご使用いただけます。それぞれの特徴は次の通りです。

逆相ブレーキ

トルクモーターは交流電圧が印加されると、モーター内部に回転磁界を発生し、その方向にトルクが発生し、モーターシャフトが回転します。逆相ブレーキは、モーターシャフトを回転磁界の逆方向に回転したときに得られるトルクをブレーキ力として利用する方法です。 逆相ブレーキはうず電流ブレーキと比較してブレーキ力が弱いですが、回転速度が0r/minでもブレーキを得られ、その大きさは印可電圧に応じて変化します。

※トルクモーター以外に、逆相ブレーキ(バックテンション)として使える製品についてはこちらでご紹介しています。

うず電流ブレーキ

トルクモーターは直流電圧が印加されると、モーター内部に発生する磁界は回転せず、停止しています。したがって、モーターはトルクを発生せず、モーターシャフトは停止しています。ところがこの状態で、モーターシャフトに外力を加え回転させると、外力と逆方向にブレーキ力が得られます。このブレーキ力をうず電流ブレーキといいます。
うず電流ブレーキは、回転速度0r/minのときにブレーキ力は0mN・mですが、回転数速度が増加するとともに増加し、1500r/minを超えるとほぼ安定した値となります。 また、ブレーキ力は直流電圧に応じて変化します。

製品を選ぶ