Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ:  ステッピングモーター 、 電動アクチュエータ

機種・シリーズ:  ARシリーズ 、 電動アクチュエータ ARシリーズ搭載

内容:  使用方法・設定方法 、 異常・トラブル 、 技術知識・資料・用語

Q&A No.: 341

Q.
ARシリーズの停止中に、手動でワークを調整したいと思います。C-ON入力をOFFにすれば、モーターシャフトはフリーになりますか?
A.
C-ON入力をOFFにしてもシャフトは完全にフリーになりません。
シャフトをフリーにするときは、FREE入力をONしてください。
C-ON入力をOFFにすることでモーターへの励磁はカットされますが、 モーター励磁とは別のブレーキのはたらきにより、モーターのシャフトに保持力がはたらく仕組みになっています。 以下の表を参照してください。
電磁ブレーキ
入力信号の状態
C-ONをOFF
FREEをON
ロック
(電磁ブレーキによる保持)
フリー
動きが重くなる
(ダイナミックブレーキによる保持)
フリー
FREE入力をONすると、モーター励磁のカットと同時に、電磁ブレーキおよびダイナミックブレーキを解除することができます。 結果、モーターシャフトがフリーになります。
ダイナミックブレーキとは

停止時にモーターが外力により回されると、モーター内部の巻線に起電圧が発生します。 この電圧をモーターに戻すことで得られる保持力を、ダイナミックブレーキといいます。 逆起電圧から回路を保護する役割を担っています。

ダイナミックブレーキは、回転速度に応じてはたらきます。 そのため、C-ONがOFF(モーターが無励磁)の場合も、モーターシャフトが完全にフリーになることはありません。

FREE入力でダイナミックブレーキを解除する際は、ワーク落下など事故にご注意ください。
落下などが原因で、ドライバやお客様の装置が破損する恐れがあります。

2013年の設計変更前の製品について

ARシリーズは、2013年8月に設計変更をおこなっています。 設計変更前の製品は、FREE入力をONしてもダイナミックブレーキを解除することができません。 シャフトをフリーにする際は電源を落としてください。 (電磁ブレーキ付タイプは、電源OFF時に外部から電磁ブレーキを開放する必要があります)

設計変更前・後の違いは、ULマーキングの有無で見分けることができます。
ARシリーズのドライバに貼付されているラベルに、下記のマーキングがあるかご確認ください。

ULマーキング有
⇒設計変更後
ULマーキング無
⇒設計変更前
ULマーキング

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー