Q&A

製品カテゴリ: αSTEP 、ネットワーク対応製品・コントローラ

機種・シリーズ: AZシリーズ 多軸ドライバ 、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載 多軸ドライバ

内容: 使用方法・設定方法、異常・トラブル

Q&A No.: 527

Q.
AZシリーズ 多軸ドライバと三菱電機株式会社製PLCを使用しています。
サーボオフにしているのですが、シャフトを手で回そうとすると重いです。なぜですか?

品名

オリエンタルモーター株式会社製ドライバ(SSCNETIII/H) : AZD2A-KS3、AZD3A-KS3、AZD4A-KS3
三菱電機株式会社製PLC(Qシリーズ シンプルモーションユニット) : QD77MS2、QD77MS4、QD77MS16

A.

ダイナミックブレーキ状態(ドライバ内部でモーターの線が回路的に短絡状態)になっているためです。
シャフトを手で軽く回したい場合は、以下のいずれかの方法があります。

制御電源をOFF(主電源をOFFにしても制御電源がONであればダイナミックブレーキ状態)
FREE入力をON

FREE入力をONにする方法については以下のQ&Aをご覧ください。

当社サポートソフト MEXE02で、基本設定 - 「無励磁時の状態選択」を[フリーラン状態]にする
電磁ブレーキ付は、サーボオフ時に電磁ブレーキの保持力が働くため、この設定を変更しても変化しません。

図:基本設定 - 「無励磁時の状態選択」を[フリーラン状態]にする

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る