Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

小型化や自作など、新たなロボット需要にお応えします

近年、人材不足などを背景に、「人の作業を代替するロボット」のニーズが高まっています。
より小型で、ラインでの作業に必要な動作を実現するため、自作ロボットを新規検討するシーンも増えています。
AZシリーズは、バッテリ不要のアブソリュートシステム搭載、小型の制御モーターという強味を活かし、ロボット小型化・自作のニーズに応えます。

ハイブリッド制御システム α STEP AZシリーズ

ロボットの状態を監視し、最適な制御を実現

トルクが出すぎない

出力トルクを制限でき、機構やモーターの破損を防ぐことができます。
また、設定した制限値到達時にTLC信号を出力させ、PLC側で検知、利用することができます。

アラーム前の異常検知/停止

図:他装置への配慮トルクや位置の情報を利用して、アラーム前に異常予知の検出が可能です。
出力信号を上位に取り込み、即時停止するシステムも構築できます。

運転エリアごとに速度やトルクを制限

図:エリアセンサエリアセンサなど外部からの情報を元に信号を入力し、あらかじめ設定したトルクや速度に切り替えて運転できます。

様々なモーターステータスのモニタ、収集が可能

フィードバックされるステータスの中には、あらかじめ設定した閾値に達したときに信号を出力できるものがあります。
装置の安全性向上や予防保全に利用できます。

モーター温度モニタ

ロボット内のモーター温度を、リアルタイムでモニタ可能です。

図:温度モニタ

積算負荷モニタ

モーターの負荷率を、面積で把握し、値として検出できます。経年劣化など長期の負荷の変化を把握したいときに便利です。

図:モニタグラフ

ODO/TRIPモニタ

モーターの累積回転数をモニタできます。メンテナンスなどに利用できます。

図:インフォメーション出力

オープンループ制御により、調整不要で高応答

急峻な動き・負荷変動にも追従

指令に対して遅れないオープンループ制御の応答性が機敏な動きを実現。急激な負荷変動にはクローズドループ制御で対応します。

図:負荷変動追従

ゲイン調整不要

通常時はオープンループ制御のため、応答性は速いのにゲイン調整は不要で、手間がかかりません。

図:調定時間が短い

ハイブリッド制御による高応答性と高信頼性の両立

オープンループ制御×クローズドループ制御

α STEP“オープンループ制御”と“クローズドループ制御”の利点をハイブリッドした独自制御をおこなう、ステッピングモーターベースのモーターです。モーターの位置を常時監視し、状況に応じて2つの制御を自動で切り替えます。

通常時はオープンループ制御で指令に同期して駆動し、高応答性を発揮します。
過負荷時はクローズドループ制御でモーター位置を補正しながら運転を継続します。使いやすさと信頼性を両立したモーターです。

図:独自制御 概念図

バッテリ不要のアブソリュートセンサ<ABZO>搭載

アブソリュートシステムなら、原点などの外部センサを削減でき、省配線でコンパクトな構成に貢献します。
機械式多回転アブソリュートセンサ〈ABZO〉を採用しているため、データ保持のためのバッテリは不要です。
バッテリの購入コストや、運用時のトラブル、メンテナンス時期を気にする必要がありません。

図:センサ詳細

さまざまな制御インターフェース

各種ネットワークに柔軟に対応

上位との接続、制御はI/O、Modbus(RTU)、RS-485通信、FAネットワークのいずれかでおこないます。 ネットワークコンバータ(別売)を使用することにより、CC-Link通信やMECHATROLINK通信、EtherCAT通信で制御できます。

図:各種ネットワークへの対応

運転に必要な情報をドライバに持たせるため、上位PLCの負担が軽減します。複数軸制御の場合のシステム構成がシンプルになります。

FAネットワークに直結可能な多軸ドライバ

3種類のFAネットワークに対応

SSCNETⅢ/H、MECHATROLINK-Ⅲ、EtherCATドライブプロファイルに対応した製品をそれぞれご用意しています。
軸数 : 2軸、3軸、4軸

図:各種ネットワークへの対応

* SSCNETⅢ/Hは三菱電機株式会社の登録商標です。
*MECHATROLINKはMECHATROLINK協会の登録商標です。
*EtherCATRは、ドイツのベッコフオートメーション株式会社がライセンスを供与した登録商標であり、特許取得済みの技術です。

複数軸間の補間運転に対応

パルス列入力タイプドライバ、各種FAネットワーク対応多軸ドライバとの組み合わせで補間運転が可能です。

図:ネットワーク対応多軸ドライバ

*DC電源入力タイプのみラインアップ

図:補間運転

多数のモーター・メカと組み合わせが可能

図:ドライバ4台分を凝縮

AZシリーズおよび、AZシリーズ搭載製品と組み合わせ可能(※ DC電源入力のみ)

サポートソフト上でシーケンスを簡単作成

上位のプログラムを簡略化

AZシリーズ 位置決め機能内蔵タイプには、連結運転や運転間のタイマ設定、条件分岐、ループ回数などの豊富なシーケンス機能が搭載されています。一部のシーケンスをAZシリーズに任せることで、上位シーケンスプログラムを簡略化できます。

機構リードの設定は小数点まで可能

図:AZシリーズサポートソフト MEXE02のユーザー単位系設定支援ウィザードを活用すれば、データの設定単位を、直動(mm)に変換できます。

使用する機構に合わせた単位でデータが表示されるため、単位換算をしなくとも、直動機構の運転データをそのまま入力できます。

簡易シーケンスや各機能を使用した、活用事例をご紹介しています。ロボットの駆動範囲の限定や、ワークの大きさ判定など、AZシリーズだけでシーケンスを組む方法について詳しくご説明します。

簡易シーケンスや各機能の活用事例

小型、ギヤード、アクチュエータも充実

取付角寸法20mmからモーターをラインアップ。遊星ギヤ、ハーモニックドライブなどの各種ギヤードモーターも標準品です。また、AZシリーズをスライダ、シリンダなどの直動機構、中空ロータリーテーブルなどの機構に搭載したアクチュエータ製品を展開。AZシリーズと同一の制御性で設計時間の短縮に活用いただけます。

図:ギヤードモーター

図:アクチュエーター

ロボットのエンドエフェクタにも最適

エンドエフェクタでのご提案

図:チャック・グリップ

チャック・グリップ
押し付け(把持力)制御、トルク制限

図:カメラの上下駆動 ディスペンサ

カメラの上下駆動 ディスペンサ
正確なピント調整、微細な吐出量
コントロール、保持力

図:ねじ締め 圧入

ねじ締め 圧入
トルク制限、締め付け時に
設定したトルクで信号を出力

上の動画以外にも、変速可能な電動グリッパや、ワークを判定する電動グリッパの動画をご用意しています。

ロボット機構先端の負荷を低減する小型・軽量モーター

図:小型ラインアップ
小型ラインアップ

(DC電源入力)
取付角寸法: □20mm、□28mm

図:取付角寸法

小型・軽量のため、ハンドが組み付いたロボット・機構への負荷低減に貢献します。

図:センサ詳細

図:センサ詳細
小型ギヤードラインアップ


(DC電源入力)
取付角寸法:
PSギヤードタイプ □28mm
ハーモニックギヤードタイプ □30mm

図:センサ詳細
コンパクト電動シリンダ
DRシリーズ

取付角―ストローク
□28mm―ストローク30mm

製品紹介

電動アクチュエータ

電動スライダ
EASシリーズ
電動スライダ
EZSシリーズ
電動スライダ
EZSシリーズ
クリーンルーム対応
電動スライダ
EZSHシリーズ
電動シリンダ
EACシリーズ
コンパクト電動シリンダ
DRシリーズ
コンパクト電動シリンダ
DRS2シリーズ
中空ロータリーアクチュエータ
DGⅡシリーズ

関連する製品

製品画像
ハイブリッド制御システム αSTEP AZシリーズ 多軸ドライバ

当社のAZシリーズDC電源入力のモーターと、それらを搭載している電動アクチュエータを接続できる多軸ドライバです。複数軸間の補間運転が可能です。

関連するコンテンツ

自作ロボットの製作に役立つコンテンツをご紹介します。

使い方ナビ

配線などの運転準備から、位置決め運転の基本設定、様々な運転パターンの設定方法を、動画でご紹介します。

簡易シーケンスや各機能の活用事例

「運転中に外部信号で、運転を切り替えたい」などの、具体的な場面を想定したシーケンス集を公開しています。

サンプルCADデータ

位置決めピンやねじのサイズ、位置情報があらかじめ考慮した、周辺部品のサンプルCADデータをご提供します。

製品を選ぶ