Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: スピードコントロールモーター

機種・シリーズ: BLEシリーズ

内容: 使用方法・設定方法

Q&A No.: 100

Q.

ブラシレスモーターユニット BLEシリーズ CC-Link Ver.1.1対応品の速度の設定には、どのような方法がありますか?
また、それをEEPROMに保存したい場合はどのようにすればよいですか?

A.

データを設定する方法は以下の3通りです。
(設定されたデータはすべてRAMに書き込まれます。)

1.運転データ書き込み命令コード4000h~4007hを使用(以下手順はデータ0に書き込む場合)
 1)RWwn2(命令コード)にデータ0の運転データ書き込みコード4000hを入力
 2)RWwn3(書き込みデータ)に設定したい速度を入力
 3)RynF(CW-REQ)をONにする
 4)RXnF(CW-END)がONとなったらRynF(CW-REQ)をOFFにする。

2.設定回転速度を使用
 1)設定したい運転データをM0~M2のONOFFで決める
 2)RWwn1(設定回転速度)に設定したい速度を入力
 3)RynD(VW-REQ)をONにする
 4)RXnD(VW-END)がONとなったらRynD(VW-REQ)をOFFにする

3.特殊コード 主速回転速度書込(RAMに保存する場合の書き込みコード00EDh)を使用
 1)設定したい運転データをM0~M2のONOFFで決める
 2)RWwn2(命令コード)にRAMに保存する場合の書き込みコード00EDhを入力
 3)RWwn3(書き込みデータ)に設定したい速度を入力
 4)RynF(CW-REQ)をONにする
 5)RXnF(CW-END)がONとなったらRynF(CW-REQ)をOFFにする

上記で設定した速度設定データは、EEPROMに保存することができます。
その方法は以下の2通りです。

1.速度データを含めRAMのデータすべてをEEPROMに保存する場合
 1)RWwn2(命令コード)にEEPROM一括書込のコード2F01hを入力
 2)RWwn3(書き込みデータ)に1を入力
 3)RynF(CW-REQ)をONにする
 4)RXnF(CW-END)がONとなったらRynF(CW-REQ)をOFFにする

2.現在選択されている速度データだけをEEPROMに保存する場合
 (主速回転速度を書き込むための特殊コード(00EEh)を使用)
 1)設定したい運転データをM0~M2のONOFFで決める
 2)RWwn2(命令コード)にEEPROMに保存する場合の書き込みコード00EEhを入力
 3)RWwn3(書き込みデータ)に設定したい速度を入力
 4)RynF(CW-REQ)をONにする
 5)RXnF(CW-END)がONとなったらRynF(CW-REQ)をOFFにする

なお、EEPROMの書き換え可能回数は約10万回です。
頻繁な書き換えはできるだけ避けてください。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー