mainimage

電動スライダEZSHシリーズ

αSTEP AZシリーズを搭載したTHK製スライダで、
高速・高精度・ロングストロークの位置決めを実現しました。

  • AC入力
  • 高速・ロングストローク
  • 高剛性・高精度
  • ステンレスシート採用
  • ストローク200~1300mm
  • 最高速度1800mm/s
  • 最大可搬質量水平25kg/垂直12.5kg
  • 繰り返し位置決め精度±0.005mm

スライダ部の特徴

ハイリードボールねじで高速・高精度・ロングストローク位置決めに最適

ハイリードボールねじによる高速位置決め、繰り返し位置決め精度±0.005mmと高精度。
また、ボールねじ軸の大径化により、最大ストローク1300mmとロングストロークを実現しました。

● リード・ストロークと最高速度の関係例

リード
[mm]
ストローク
[mm]
最高速度
[mm/s]
繰り返し
位置決め精度
[mm]
30
200 ~ 600
1800
±0.005
1300
480
20
200 ~ 600
1200
1300
320

※ 最高速度は製品のストローク・可搬質量により異なります。

● 最大ストローク1300mmとロングストローク

最大ストローク1300mmとロングストローク

最短位置決め時間が簡単に算出できます

当社電動アクチュエータの該当製品について、「機種」「運転条件」に合わせて目安となる位置決め時間を算出できるサポートツールをご用意しています。

THK製高剛性フレームを採用

THK製のアウターレール(鉄)を採用しています。剛性が高いため、取付板を使用しないコンパクトな設計が可能です。

THK製高剛性フレームを採用

簡易防塵構造

ステンレスシートによる簡易防塵構造により、外部からの異物侵入を防ぎます。
さらにマグネットにより吸着されているためステンレスシートの浮き上がりも防ぎます。

簡易防塵構造

長期メンテナンスフリー

必要な個所へ必要な量の潤滑油供給を可能にした潤滑装置QZを採用。メンテナンス間隔の大幅な延長が可能です。

※ 潤滑装置QZはTHK株式会社の登録商標です。

取り付け、設置方法が選べます

取付方法が選べる

取付方法が選べる

モーターケーブルの引出方向は変更可能

モーターケーブルの引出方向は変更可能

取付方向は自由

取付方向は自由

AZシリーズ搭載のメリット

αSTEP AZシリーズ搭載

αSTEPは“オープンループ制御”と“クローズドループ制御”の利点をハイブリッドした独自制御をおこなう、ステッピングモーターベースのモーターです。

αSTEP AZシリーズのモーターを搭載しているため、AZシリーズと同様、バッテリレスでアブソリュートシステムを構築でき、非常時の位置情報の保持や、外部センサの削減に貢献します。

新開発ABZOセンサ

小型・低コストの、バッテリレスの機械式アブソリュートセンサを開発しました(特許取得)。生産性の向上やコスト削減に貢献します。

ABZOセンサ

機械式センサ

アナログ時計は、秒針、長針、短針の位置によって現在時刻を計ります。ABZOセンサは、時計の針に相当する歯車を複数搭載する機械式センサです。個々の歯車の角度を認識することで位置情報を検出するため、バッテリが不要です。

多回転アブソリュートセンサ

基準となる原点から、モーター軸で±900回転(1800回転分)の絶対位置が検出可能です。

取付角寸法20mm、28mm(30mm)は±450回転(900回転分)です。
原点の設定方法

ドライバ前面のスイッチを押すことで簡単に原点を設定できます。原点位置は、ABZOセンサに保存されます。手動スイッチだけでなく、サポートソフト MEXE02や外部入力信号からの原点設定も可能です。

外部センサ不要

アブソリュートシステムのため、原点センサ、リミットセンサなどの外部センサは不要です。

原点復帰精度の向上

ABZOセンサなら、原点センサ感知のばらつきを気にすることなく原点復帰をおこなえるため、原点の精度を向上できます。原点復帰精度は、繰り返し位置決め精度と同一です。

リミットセンサを取り付けない場合、ドライバのソフトウェアリミットを使用すると、限界値を超える動作を防げます。
コストダウン

ABZOセンサなら、外部センサにかかる費用や、配線に関する費用がかかりません。システム全体をコストダウンします。

装置設計の自由度が向上

ABZOセンサなら、外部センサの設置や配線に必要だったスペースを節約できます。装置設計の自由度を向上させます。

外部センサ誤動作の影響を受けない

ABZOセンサなら、金属加工で金属片が舞う環境下や、オイルミストが舞う環境下などで起こりうる、外部センサの誤動作や故障、断線が発生しません。原点位置の設定だけでなく、ソフトウェアリミットの設定も可能です。限界値を超える動作を防ぎます。

高速原点復帰

ABZOセンサなら、原点センサなしで原点復帰ができます。センサ感度を気にせず高速で原点復帰を実現し、マシンサイクルを短縮します。

バッテリレス

ABZOセンサは、バッテリ不要の、機械式センサです。位置情報を機械的に管理します。

位置情報を保持

位置決め運転中に電源が遮断されたり、モーター/ドライバ間のケーブルが外されても、位置情報を保持します。位置決め機能内蔵タイプの場合、生産ラインでの非常停止や停電からの復旧の際、原点復帰をせずに位置決め運転を再開できます。

  • 位置情報は、ABZOセンサ(モーター側)に記憶されるため、モーターを交換する場合は、原点の再設定が必要です。

次のような場合に有効です。

複数軸を管理していて、原点復帰シーケンスを組むことが困難な場合
作業中のワークを取り除くことが難しく、継続して動作をおこないたい場合
原点復帰時間をなくしたい場合
メンテナンスの削減

ABZOセンサなら、バッテリの交換が不要です。メンテナンスの手間やコストを削減します。

ドライバ設置の自由度が向上

ABZOセンサなら、バッテリの設置や配線に必要だったスペースを節約できます。ドライバ設置場所の制約がなく、制御盤等のレイアウト設計の自由度を向上させます。

海外輸送も安心

バッテリは自己放電するため、海外輸送といった長期間の装置搬送では注意が必要です。ABZOセンサなら、位置情報の保持に期限はありません。また、バッテリを海外に輸出する際の各種規制等も考慮する必要がありません。

簡易シーケンス機能でプログラムを簡略化

他の機器を制御するための出力信号や、センサなどの外部入力信号を 取り込むことで、シーケンス制御のプログラムを簡略化することができます。

簡易シーケンス機能1

簡易シーケンス機能2

AZシリーズの簡易シーケンス機能の活用事例をご紹介しています。

簡易シーケンスや各機能の活用事例

ドライバの特徴と種類

上位システムに合わせて選べるドライバ

位置決め機能内蔵タイプFLEX

運転データをドライバに設定し、上位から運転データの選択、実行をするタイプです。上位との接続、制御はI/O、Modbus(RTU) / RS-485通信、FAネットワークいずれかでおこなえます。ネットワークコンバータ(別売)を使用することにより、CC-Link通信、MECHATROLINK通信、EtherCAT通信で制御できます。

FLEXに関する詳細はこちらをご覧ください

位置決め機能内蔵タイプ

ドライバはDC電源入力です。

当社ネットワークコンバータと他社PLCのネットワークユニットとの接続ガイドをダウンロードいただけます。プログラム設計・立ち上げの時間短縮に貢献できますので、ぜひご活用ください。
対象メーカー例 : 三菱電機株式会社 / 株式会社安川電機

詳細はこちら

RS-485通信付きパルス列入力タイプ

ドライバに対してパルスを入力することで運転を実行するタイプです。お客様がご用意する位置決めユニット(パルス発振器)からモーターの制御をおこないます。RS-485通信を使用することで、モーターのステータス情報(位置、速度、トルク、アラーム、温度など)をモニタすることができます。

ドライバはDC電源入力です。

パルス列入力タイプ

ドライバに対してパルスを入力することで運転を実行するタイプです。お客様がご用意する位置決めユニット(パルス発振器)からモーターの制御をおこないます。サポートソフト(MEXE02)を使用することで、アラーム履歴の確認や各種状態のモニタができます。

パルス列入力タイプ

ドライバはDC電源入力です。

ネットワーク対応ドライバ

ネットワーク上からの直接制御が可能です。上位制御機器とドライバを通信ケーブル1本で接続するため、省配線を実現します。

ネットワーク対応ドライバ

ドライバはAC電源入力です。

EtherCAT®はBeckhoff Automation GmbH(ドイツ)よりライセンスを受けた特許取得済み技術であり、登録商標です。
EtherNet/IP™はODVAの商標です。
PROFINETは、PROFIBUS Nutzerorganisation e.V.(PNO)の商標または登録商標です。
MECHATROLINKはMECHATROLINK協会の登録商標です。
SSCNETⅢ/Hは三菱電機株式会社の登録商標です。

サポートソフト MEXE02でパソコンから簡単駆動

サポートソフト MEXE02を使用することにより、運転データや各種パラメータの設定・編集がおこなえるほか、ティーチング、各種状態のモニタをおこなうことができます。

サポートソフトのダウンロードはこちら

さまざまな機能で、立上げからメンテナンスまでを総合サポート
立ち上げ・評価

配線チェックやテスト運転時に役立つ機能をご用意しています。

運転データの設定と保存
I/Oモニタ
ティーチング・リモート運転

調整

装置設置後のモーター動作の調整に役立つ機能をご用意しています。

波形モニタ

診断・メンテナンス

運用開始後のトラブル時の診断やメンテナンスに役立つ機能をご用意しています。

アラームモニタ
ユニット情報モニタ
ステータスモニタ

運転データ/パラメータ設定画面

運転データ/パラメータ設定画面

波形モニタ

波形モニタ

サポートソフトの機能詳細はこちら

移動量は最小移動量で設定可能

運転時に必要な最小移動量は、出荷時にあらかじめ設定されています。以下の表をご覧ください。

運転データの移動量について、最小移動量単位で設定することができます。

カテゴリ
シリーズ
最小移動量(出荷時)
電動スライダ
EASシリーズ、EZSシリーズ、EZSHシリーズ
0.01 [mm]
電動シリンダ
EACシリーズ
0.01 [mm]
コンパクト電動シリンダ
DRシリーズ、DRS2シリーズ
0.001 [mm]
ラック・ピニオンシステム
Lシリーズ(高速)
0.01 [mm]
Lシリーズ(高可搬質量)
0.001 [mm]
電動グリッパ
EHシリーズ
0.01 [mm]
中空ロータリーアクチュエータ
DGⅡシリーズ
0.01 [deg]

配線、制御、保守部品を統一

αSTEP AZシリーズを搭載した、さまざまな機構製品をご用意しています。
それぞれ同じモーター・ドライバを搭載しているため、配線、制御、保守部品を統一できます。

統一のメリット

配線の統一

I/Oのピンアサインが同じため、電機設計、配線の手間が省けます。

制御性の統一

制御方法が同じため、同じ使い方で動かすことができます。またネットワーク制御の場合、リモートI/Oや命令コードが同じです。プログラムの作成の手間が省けます。

保守部品の統一

モーター、ドライバ、ケーブルが共通なため、最低限の保守部品数に抑えることができます。管理コスト(部品代、管理スペース)の削減が期待できます。

保守部品の共通化

制御方法が統一された製品バリエーション

αSTEP
電動アクチュエータ
電動スライダ
電動シリンダ
コンパクト
電動シリンダ
ラック・ピニオン
システム
電動グリッパ
中空ロータリー
アクチュエータ
・AZシリーズ
・EASシリーズ
・EZSシリーズ
・EZSHシリーズ
・EACシリーズ
・DRシリーズ
・DRS2シリーズ
・Lシリーズ
・EHシリーズ
・DGⅡシリーズ

搭載モーターの電源入力はシリーズで異なります。詳細ラインアップは各シリーズのページでご確認ください。

バリエーション・仕様

電動スライダ、ドライバ、接続ケーブルそれぞれをご購入ください。

電動スライダ

スライダ幅×高さ
[mm]
型番
最大可搬質量
[kg]
ストローク
[mm]
電源入力
[V]
接続ケーブルセット
可動接続ケーブルセット
66.4×64
EZSHM6
水平25/垂直12.5
200 ~ 1300
単相 100-120
単相/三相 200-240
1m ~ 20m
片軸シャフト用
電磁ブレーキ付用

ドライバ


ドライバタイプ
電源入力
[V]
位置決め機能内蔵タイプドライバ
位置決め機能内蔵
単相100-120
単相/三相200-240
RS-485通信付き
パルス列入力
パルス列入力
EtherCAT ドライブプロファイル対応
EtherNet/IP対応
PROFINET対応
MECHATROLINK-Ⅲ対応
SSCNETⅢ/H対応

接続ケーブルセット/可動接続ケーブルセット

モーターから出ているモーターケーブル、エンコーダケーブル、電磁ブレーキケーブルは、ドライバに直接接続できません。
ケーブルが屈曲される場合には、可動接続ケーブルをお使いください。

長さ
[m]
az cable
0.5 ~ 20

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る