モバイルオートメーション対応製品

mainimage

2分でわかるBLVシリーズ Rタイプ

ブラシレスモーターBLVシリーズ Rタイプ

さらなる小型・軽量化を実現したDC電源入力のブラシレスモーターです。
1r/minからの低速運転が設定可能で、滑らかな駆動を実現します。
バッテリ駆動対応で、よりコンパクトな機器の開発をサポートします。
Modbus(RTU)、CANopen通信に対応しています。

  • 100W,200W
  • 1~4000r/min
  • 256速運転
  • 小型・軽量
  • バッテリ駆動対応
  • 通信制御
  • 電磁ブレーキ付
  • モバイルオートメーション
    対応製品

概要

2分でわかるBLVシリーズ Rタイプ

BLVシリーズ Rタイプの特徴を動画でご覧いただけます。

  • 出力 : 100W、200W
  • 小型・軽量ドライバ
  • 電源入力 : DC24~48V
  • 電磁ブレーキ付も用意
  • 定価 : 60,700円
モーター(丸シャフト 100W)、ドライバ、電源ケーブルを
合わせた価格

小型・軽量ドライバ

主な特徴

小型・軽量・ハイパワーで装置のコンパクト設計に貢献詳細はこちら

モーター・ドライバともに大幅な小型・軽量化を実現しました。
また、従来品に比べて許容慣性が拡大し、搬送可能な重量が大きくなりました。

コンパクト設計に貢献

薄型、高可搬質量の搬送用ロボットの設計が可能

滑らかな駆動、現在位置の取得、位置決め運転が可能詳細はこちら

1~4000r/minの幅広い速度制御範囲

1r/minからの低速域も安定しているため、滑らかな駆動を実現できます。

障害物を避けて通る滑らかな駆動

現在位置の取得、位置決め運転が可能

モーターのフィードバック情報の充実による現在位置の取得、分解能向上による位置決め運転が可能になりました。

給電ポイントなど、目標位置への位置決めが可能

±0.01%の速度変動率

負荷の大きさが変わっても設定した速度で運転できます。

動作可能電圧範囲の拡大で
バッテリ電源がより使いやすく詳細はこちら

バッテリ電圧が低下しても動作可能です。

 
さまざまなおすすめ機能詳細はこちら

・ 電気的なブレーキで停止時の保持が可能
・ 出力トルクを自動的に制限するATL機能
・ モーターのケーブル引出し方向は2種類から選択可能

Modbus(RTU)、CANopen通信に対応
詳細はこちら

2つのインターフェイスに対応しています。

サポートソフト BLST01で
立ち上げ・稼働・保守までサポート詳細はこちら

サポートソフト BLST01を使用すると、データの設定や実際の駆動、また各種モニタによる確認がパソコン上で簡単におこなえます。

サポートソフト BLST01のダウンロードはこちら

小型・軽量・ハイパワーで装置のコンパクト設計に貢献

小型・軽量

モーター、ドライバともに大幅な小型・軽量化を実現。
ドライバは従来品に比べて約80%コンパクトに。装置内の限られたスペースに収まるサイズです。

モーター

※ 平行軸ギヤヘッド 100W・減速比30の場合

動画で見る モーターの小型・軽量化によるメリット

ハイパワー

従来品に比べて大きな慣性負荷の駆動が可能なため、重量物の搬送が可能になりました。
コンパクトでハイパワーな装置設計に貢献します。

【搬送用ロボットの装置設計例】

条件

BLVシリーズ Rタイプ
モーター
種類
平行軸ギヤヘッド
出力
100W
減速比
30
フランジ出力ヘッド
許容ラジアル荷重
1500N
許容アキシアル荷重
1000N
駆動条件
車輪径
150mm
駆動車輪
2
加速時間
0.5秒

結果

最大可搬質量
(搬送用ロボット本体質量+積載質量)
250kg
最高移動速度
0.7m/sec

大きな慣性負荷を動かせます
- 慣性体イメージ(参考)-

フランジ出力ヘッド(別売)

平行軸ギヤヘッドに取り付けることで許容ラジアル荷重、許容アキシアル荷重がアップします。軸受にクロスローラベアリングを採用。

車輪や回転テーブルなどを回転機構に直接取り付けしやすくなるため、設計時間の短縮に貢献します。

※ モーター出力100Wの平行軸ギヤヘッドにお使いいただけます

詳細はこちらをご覧ください

滑らかな駆動、現在位置の取得、位置決め運転が可能

1~4000r/minの幅広い速度制御範囲

1r/minからの低速域も安定した運転で、より滑らかな起動・停止を実現します。

MERIT
  • 人の動きに追従するような起動・停止を繰り返す動作でも滑らかな走行をおこなえます。

設定通りの速度で動作する高い速度安定性

速度変動率(対負荷*1)が±0.01%と小さく、負荷の大きさが変わっても設定した速度で運転できます。

*1
定常的に負荷が加わったときの速度の変化率です
*2
デジタル設定時は、±0.2%です

現在位置の取得、位置決め運転が可能

モーターのフィードバック情報が充実したため、現在位置の取得が可能です。
また、分解能の向上により、狙った位置に停止することができます。

動作可能電圧範囲の拡大で、バッテリ電源がより使いやすく

動作可能電圧範囲が拡大

MERIT
  • DC24~48Vのバッテリに対応できます。
  • バッテリ電圧が低下しても停止しません。
    回転速度とトルクを制限しながら運転を続けます。

ドライバの過電圧アラームの閾値は63Vです

消費電力10%削減

消費電力10%削減

MERIT
  • 搬送用ロボットの場合、走行できる距離や時間が延びます。
    バッテリの充電回数を減らすことができます。
  • サポートソフト BLST01や、通信で消費電力モニタができます。
    充電の目安としてご使用いただけます。

さまざまなおすすめ機能

電気的なブレーキで停止時の保持が可能

モーターが励磁状態での停止時には、機械ブレーキがなくても電気的な保持ブレーキとして使用できます。
入力信号「S-ON」をONにすると、モーターが励磁し、保持力を発生します。(サーボオン)
さらに入力信号「PLOOP-MODE」をONにすると、停止位置からずれないように位置を保持できます。

ご注意

ドライバへの電力供給がOFFになると、保持力はなくなります。停止時の落下防止などにはお使いいただけません。

出力トルクを自動的に制限するATL機能

ATL機能は、過負荷アラームを検出するレベルのトルクが継続して出力されると、トルクを制限し、過負荷アラームでモーターが止まらないようにする機能です。
何らかの要因で予期せず過負荷になった場合でも、モーターの駆動を継続します。

※ 例)

・ 障害物に押しあたってしまう
・ 急な加速指令が入る
・ 可搬質量を超える荷物が積載される

過負荷時に、アラームを出力して停止したい場合には、ATL機能を無効にしてください

ケーブル引出し方向を選択可能

モーターのケーブル引出し方向は、装置に合わせて2種類から選べます。

出力軸側引出し

反出力側引出し

BLVシリーズ Rタイプは、搬送用ロボットをはじめ、様々な用途でお使いいただけます。

搬送用ロボット

撹拌機

コンベヤ

Modbus(RTU)、CANopen通信に対応

BLVシリーズ Rタイプは、Modbus(RTU)、CANopen通信の2つのインターフェイスに対応しています。

Modbus(RTU)でできる主な機能

自由に運転プロファイルを作成可能 ― ダイレクトデータ運転

Modbus(RTU)通信で、データの書き換えと運転の開始を同時にできる運転方法です。

運転データの種類
内容
運転方式
運転方式を設定します。
位置
目標位置を設定します。
速度
運転速度を設定します。
加速レート
加速時間を設定します。
減速レート
減速時間を設定します。
トルク制限値
トルク制限値を設定します。
各軸に異なるデータをまとめて送受信可能 ― IDシェアモード

Modbus(RTU)通信で、軸間の同期性を向上する機能です。
複数軸にまとめてデータの送受信ができるため、軸間の通信遅れが改善します。
また、各軸に異なる指令を同時に送信することも可能です。
当社独自の送信方法です。

動画で見る IDシェアモード

サポートソフト BLST01で立ち上げ・稼働・保守までサポート

サポートソフト BLST01を使用すると、データの設定や実際の駆動、また各種モニタによる確認がパソコン上で簡単におこなえます。

サポートソフトはWEBサイトから無料でダウンロードできます。

サポートソフト BLST01 ダウンロードページはこちら

立ち上げ

スムーズな装置の立ち上げに役立つ機能

簡易設定

「簡易通信設定」で簡単に各通信の設定ができます。

簡易設定

画像を拡大する

通信フレームモニタ、通信ステータスモニタ

各通信のフレームやステータスをモニタできます。
上位プログラムの立ち上げ、デバッグに活用いただけます。

フレームモニタ

画像を拡大する

ステータスモニタ

画像を拡大する

調整に役立つ

調整に役立つ機能

波形モニタ

オシロスコープのようにモーターの運転状態(指令速度、トルク、入出力信号など)を確認できます。
波形の測定結果は、画像やCSV形式で保存できます。

波形モニタ

画像を拡大する

FFTモニタ

FFT解析を用いた周波数分析により、機械共振を可視化しています。「共振抑制パラメータ」を調整することで、音、振動を低減できます。

フレームモニタ

画像を拡大する

ゲインチューニング

指令に対するモーターの追従性を調整できます。

ゲインチューニング

画像を拡大する

保守

診断・メンテナンスに役立つ機能

トレースモニタ

モーターの運転状態を連続して24時間以上計測することができます。
データはCSV形式で保存できます。

MERIT
  • 長時間のデータが残っているため、トラブルの原因究明がしやすくなります。

さまざまなモニタ機能

サポートソフト BLST01は他にもさまざまな情報をモニタできます。
詳細は以下ページからご確認ください。

サポートソフト BLST01 各機能の詳細はこちら

バリエーション・仕様

モーター、ドライバ、接続ケーブル、電源ケーブルはそれぞれが別手配です。組み合わせてお求めになれます。
(タイプを選択し画面遷移すると、モーター、ドライバ、接続ケーブル、それぞれを「+」でつなげた品名が候補表示されます。)

出力軸タイプ
取付角
[mm]
定格出力
[W]
減速比
定格電圧
[V]
電磁
ブレーキ
[V]
接続ケーブル
電源ケーブル
90
100
10 ~ 100
DC24 ~ 48
有り/無し
1 ~ 3m
接続ケーブル
0.6m
電源ケーブル
110
200
90
100
10 ~ 200
104
200
10 ~ 100
90
100
-
200

中空軸フラットギヤヘッドで、さらに高トルク、省スペース化

飽和しない許容トルク

高減速比でも許容トルクが飽和しません。
モーターのトルクを最大限に活用できます。

飽和しない許容トルク

省スペース、省コスト

連結部品を使わずに、駆動軸と直接連結できるため、装置の省スペース化を実現できます。また、カップリングやベルト・プーリなどを削減できるため、部品コストや組立工数の削減に貢献します。

省スペース、省コスト

例)
車輪駆動部の用途
互い違いでコンパクトに配置可能。
 ※ 200Wのみ対応可能

コンパクトに配置可能

関連製品

ブラシレスモーター BLVシリーズ

バッテリ駆動、通信での制御が可能な、DC電源入力のブラシレスモーターです。
電磁ブレーキ付モーターもご用意しています。
出力:100W、200W、400W
速度制御範囲:100(80)~4000r/min

ブラシレスモーター BLVシリーズ

ブラシレスモーター BLHシリーズ

省スペースが要求される装置に最適な、DC24V基板タイプドライバを使用したブラシレスモーターです。
出力:15W~100W
速度制御範囲:100(80)~3000r/min

ブラシレスモーター BLHシリーズ

カタログ請求・PDFダウンロード、取扱説明書ダウンロード

 
カタログ請求・
PDFダウンロード
取扱説明書ダウンロード
BLVシリーズ Rタイプ
フランジ出力ヘッド

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る