Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ハイブリッド制御システム αSTEPARシリーズ 位置決め機能内蔵タイプ
位置決め運転

運転の種類

位置決め機能内蔵タイプは、モーターの運転速度や移動量を運転データで設定し、選択した運転データにしたがって、運転をおこないます。

位置決め運転

<運転パターン>

単独運転
PTP(Point to Point)の位置決め運転です。

単独運転

連結運転
運転データを連結した多段変速位置決め運転です。

連結運転

連結運転2
運転データを連結したタイマ付位置決め運転です。
タイマ(ドウェル時間)は0~50.000[s]で設定可能です。(設定単位 : 0.001[s])

連結運転

押し当て運転
負荷に対して連続して加圧する位置決め運転をおこないます。
運転速度はモーター軸で最大30[r/min]です。

押し当て運転

ギヤードタイプでは押し当て運転をおこなわないでください。
モーターやギヤヘッドが破損する原因となります。

+

<起動方法>

● 運転データ選択方式

● ダイレクト位置決め

● 順送り位置決め

製品を選ぶ