Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

おしえて!照代さん

「予知保全」「IoT」ってなんですか?

学くん
照代さん。最近、展示会などで「予知保全」とか「IoT」という言葉をよく耳にするようになったのですが、どういったことなんでしょうか・・・。保全も、「予知」と「予防」があるようなのですが、違いがよくわからなくて。
照代さん
まずは、保全の考え方から説明するのがよさそうね。
今までは、故障が発生してラインが停止する度に修理をおこなう「事後保全」という考え方が主流だったの。
「事後保全」では、壊れた部品を交換するだけでラインを復旧できれば、被害は小さいわ。
けれど、交換しただけでは復旧しなかった、となると一大事なの。
故障の原因がわからず、装置が動かないダウンタイムが長くなると、それだけ生産に遅れが出てしまうしね。
そこで、トラブルを未然に回避する「予知保全」、「予防保全」という考え方が、最近は主流になってきているのよ。
保全のタイミングとダウンタイム
学くん
なるほど。「予知保全」と「予防保全」は、装置のダウンタイムをなくすことが目的なんですね。
照代さん
目的が分かったところで、さっそく「予知保全」と「予防保全」の違いを説明するわね。
「予知保全」とは、部品が壊れてしまった後に交換するのではなく、設備の状態を常に監視して、変化の兆候が見られた時に対応することなの。
対して、「予防保全」では、部品メーカーの推定寿命や設備の稼働状況を元に、あらかじめ交換時期を決めておくの。
そしてその時期が来たら、破損していなくても部品を交換する、という具合ね。
「予防保全」は、「虫歯を予防するために定期的に歯医者に通う」と例えるとイメージしやすいかしら。
予知保全

日々のセルフチェックで
変化に応じて歯医者へ

予知保全-変化に応じて歯医者へ

予防保全

3ヶ月に1回
定期的に歯医者へ

予防保全-定期的に歯医者へ

でもね、「予防保全」の場合、交換時期がくる前に壊れてしまう恐れもあるの。
設備が止まらないように維持したいなら、どちらかといえば「予防保全」より「予知保全」の方がおすすめね。
学くん
なるほど。「予知保全」なら、交換時期の不安解消だけでなく、不具合の予兆が出た時に対応すればいいことなど、メリットが多そうですね。イメージはつきましたが、でも実際、「予知保全」を進めていくためにはどうしたらいいんでしょうか?
照代さん
「予知保全」をするためには、まずは日々データを収集して、「見える化」することが重要よ。
それによって、状態の変化(予兆)に気づくことができるようになるわ。
さまざまなデータを効率よく集めるための方法として、最初に学くんが言っていた、「IoT」が注目されているの。
身近な例だと、活動量計などのヘルスケアデータを元にした健康管理などがあるわね。
保全のタイミングとダウンタイム
学くん
あ、それ僕もやってます!測定したデータが、スマートフォンでグラフになって見られるんですよね。一緒に運動している仲間とデータを比べ合うこともできて。・・・これが「IoT」なんですか?そもそも「IoT」って何の略でしたっけ?
照代さん
「IoT」とは、"Internet of Things"の略で、日本語で「モノのインターネット」と呼ばれているわ。インターネットを通して、さまざまなモノをモニタ・コントロールできる仕組みのことよ。学くんの今日の消費カロリーも、このモノの一種ってことね。
学くん
日常でのちょっとした「見える化」も、実は「IoT」と深い関わりがあったんですね。こんなに身近なものだとは思いませんでした。
照代さん

最近では、スマートフォンで、部屋の温度を見たりエアコンの電源を入れることもできるみたい。

こんなふうに、「見える化」だけでなく、収集したデータを参考にして「コントロール」する仕組みも、すでに身の回りの生活の一部として活用されて始めているの。

でも、コントロールまで考えると少し複雑だから、興味があるならまずは、変化を捉えるために「見える化」するところから始めてみるのがいいかもね。

IoTを活用した家電製品のシステム

学くん
そうか、これを工場設備に置き換えて考えてみると・・・つまり、インターネットを介して、モーター等の部品のデータを収集・見える化することが、設備の「予知保全」につながるんですね。
オリエンタルモーターの製品で、「見える化」に役立つものってありますか?
照代さん
お客様にご紹介するなら、αSTEP AZシリーズがおすすめよ。
「位置」、「速度」はもちろん、「温度」、「負荷」、「走行距離」、「電源の状態」などもモニタリングすることができるの。既存装置のモーター・ドライバをAZシリーズに代えるだけで、「見える化」に向けての一歩を踏み出すことができるわ。
Q&A 「予知保全」「IoT」って何ですか?』という資料で、「見える化」や「予知保全、IoT活用事例」についてもう少し詳しく説明しているわよ。
学くん
そうでした!僕も「IoT」ばりに、データ収集してきます!
 
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

製品を選ぶ